スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    熊蟄穴
    0

      一昨日、新潟県の南魚沼市の診療所で、

      冬眠している2頭のツキノワグマが見つかったというニュースが流れた。

       

      クマが見つかったのは診療所1階の倉庫だというが、

      診療所は開いており、リハビリなどで通院する患者もいたそうだが、

      倉庫を開けて見つけたという業者はさぞ驚いたろう。

       

      そういえば明後日1212日からは、二十四節気のひとつ熊蟄穴で、

      「くま あなに こもる」と読む。冬眠の時期だ。

       

      ことしは人家の近くでクマ出没のニュースが多く、

      クマに襲われた件数は昨年の2.5倍もあるという。

      専門家によると、ことしは全国的にクマの餌となる植物が凶作で、

      柿などを目当てに人里まで下りてきているらしい。

       

      クマの冬眠は、正確には冬籠りとって、カエルやリスなどとは違うらしい。

      どこが違うかというと、カエルやリスなどは体温が下がって、

      仮死状態のようになって深く眠る。

      ところがクマは、冬籠りの間に出産し、授乳もする。

       

      冬籠り中のクマの脳は、通常の睡眠中とほぼ同じパターンで、

      しかも34時間おきに、起きているときと同じ脳波になるらしい。

      つまり、代謝を落としてウトウトしている状態で、

      35日周期で、体温を37℃に戻してから また下げることを繰り返すという。

      だから出産も、授乳も可能ということだ。

      うっかり冬眠中だからといって安心していると、

      突然起き出して動き出す危険もある。

       

      南魚沼市のツキノワグマがどうなったか続報はないが、

      警察が出動したらしいから、心配はなさそうだ。

      | shwusr | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:00 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode