スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    濃霧
    0

      今日は、甲府盆地一帯が濃い霧に覆われた。

      それでも幹線道路はまだ視界が100m以上あったが、

      昭和町に入ると一気に霧が濃くなった。視界は2030mしかなかった。

      川霧だろうか。

       

      霧にはどんな種類があるのか調べてみた。

      川霧というのは、風呂の湯気と同じ原理で、

      暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおきて、

      その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生する。

      冷たい空気が暖かい川や湖の上に移動した際にみられるもので、

      発生要因から区分すると、蒸気霧という種類らしい。

       

      しかし、今日は川のないところでも濃霧だったから、この蒸気霧ではない。

      今日の霧は、盆地によく見られるのが放射霧という霧らしい。

      この霧は、晴れた冬の日などに、地表面から熱が放射されて地面が冷える。

      冷えた地面が、地面に接している水蒸気を多く含んだ空気を冷やすことで

      発生する。そういえば昨晩も小雨模様だった。

      この霧は盆地や谷沿いで発生しやすく、それぞれ盆地霧、谷霧という。

       

      ライトやフォグランプを点けている車も多く、自車の視界確保というより、

      対向車に自車を見やすくするための点灯が多かったようだ。

       

      霧には、このほか発生要因によって、移動霧、前線霧、上昇霧などの種類がある。

      移動霧とは、暖流上の空気が移動して、

      夏の三陸沖から北海道の東海岸などに発生させる海霧などのこと。

       

      前線霧とは、温暖前線付近で雨が降り、

      湿度が上がったところに温度の比較的高い雨が落ちてきて、

      雨粒から蒸発した水蒸気で空気中が飽和状態となり、

      余分な水蒸気が水粒となって発生する。

       

      上昇霧は、山の谷に沿って湿った空気が上昇し、露点に達したところで発生する。

       

      それにしても、今日の霧は濃かった。 

      | shwusr | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 08:57 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode