スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    59万人
    0

      本県の人口が40年後の2060年には59万人になるというショッキングな数字が、

      県から発表された。

      しかも、この推計は、今後の人口減少対策が功を奏した場合の数字で、

      もしなんの手も打たなければ、40年後の人口は47万人に減るというのだ。

       

      この県の発表だけを見ると、「もっと何とかならないのか」と思ってしまうが、

      厚労省の推計でも、2060年の日本の人口は8,674万人と推計されているから、

      決して単なる推計として断じていい数字ではない。

       

      現在の本県の人口は約81万人だから、59万人というのは約28%減だ。

      現在のわが国の人口が12,650万人だから、約32%減で、

      これだけ見ると、本県の人口減少率の方が低いことになる。

       

      しかし、いずれにしても3割前後の人口減少は見込んでいることになる。

      少子化が進むことが人口減少の主要因だと思われるが、

      国をはじめもっと大胆で有効な少子化対策を打ち出さないと、

      今の経済規模を維持することさえ難しくなり、

      人手不足どころの騒ぎではなくなる。

       

      この8,674万人という数字は、もっと深刻な問題を含んでいる。

      高齢化の進展だ。

       

      厚労省は、65歳以上の高齢者の割合を、2060年には40%になると試算している。

      これを人口推計とクロスさせると、

      2060年には、約3,500万人の高齢者を約5,100万人の勤労者が支えることになる。

      これでは厚生年金がいくら運用益を稼いだとしても、とても追いつくものではない。

       

      もちろん、40年後には、もっと平均寿命も伸びるだろうし、

      厚生年金の支給年齢も引き下げられ、高齢者の定義も70歳まで伸びるかもしれないが、

      それでも「順調に」続く人口減少は、経済、社会だけでなく、文化や生活にも

      大きな影響を与えることは間違いない。

       

      外国人実習生の受け入れなどは「一時しのぎ」に過ぎず、

      それでさえ、社会に大きなインパクトを与えていくことは避けられない。

      | shwusr | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 06:47 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode