スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    入道雲
    0

       

      7月も最終週に入った。あと2日で8月だ。

      昨日29日に、気象庁は「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表した。

      突然の台風の上陸で、梅雨明けが延びた感じだが、

      平年より8日、去年と比べると1カ月も遅い梅雨明けとなった。

       

      梅雨が明けると入道雲の季節だ。

      入道雲は積乱雲の俗称で、一般的には、熱せられた温かい空気が上昇気流となって立ち上り、

      時には雷を伴って雷雨を降らせる。

      このため雷雲とも呼ばれる。

      盆地の周囲に湧き上がる入道雲は、真夏の風物詩のひとつだ。

      群れ集まった入道雲は巨大な雲の塊となり、10匯擁にも及ぶことがある。

      縦方向に1万mに発達した入道雲は、成層圏にも到達するという。

       

      入道雲の「入道」とは、タコ入道のことらしい。

      タコが坊主頭で、入道、つまり坊主に似ていることからそう呼ばれたという。

      もしそうなら、なじみ深い「入道雲」の呼び名も少し考えた方がいいかもしれない。

       

      10匯擁にまで大きくなった入道雲には、

      ドラム缶1000本分もの水が貯えられるという。

      これが夕立となって大地に降り注ぎ、ときにはゲリラ豪雨と呼ばれるものもある。

       

      よくテレビなどで報道されるアメリカの巨大な入道雲、いわゆるスーパーセルは、

      ときに竜巻を発生させ、甚大な被害を及ぼすこともある。

       

      雷や竜巻など、あまりいいイメージのない入道雲だが、

      雷雨がもたらす夕立が、貯水ダムの水か枯れかかる空梅雨の年だと、

      まさに恵の雨となることもある。

      ゲリラ豪雨は迷惑千万だが、日中の暑さを和らげる程度の夕立なら、

      歓迎しないこともない。

       

      入道雲が立ち上がり始めると、盆地には本格的な暑さが訪れる。

      熱中症にご注意を!

      | shwusr | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 06:51 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode