スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    納豆の日
    0

      今日、7月10日は納豆の日だそうだ。

      あまり馴染みはないが、確かに「なっとう」と読める。

       

      この納豆の日は、関西納豆工業協同組合が40年近く前の昭和56年に、

      関西限定で定めたらしい。

      その後、平成になって全国納豆協同組合連合会が改めて「豆腐の日」と定め、

      全国的な記念日となったという。

      今日は、全国各地でこの記念日に因んだイベントが開かれている。

       

      納豆には、ナットウキナーゼというタンパク質分解酵素が含まれており、

      血栓を溶かす作用とできにくくする作用があり、血液をサラサラにするため、

      心筋梗塞や脳梗塞などの予防に適している。

       

      ただ、納豆を口から食べただけでは、血管には届かないのではないかとの指摘もある。

      ところが、納豆を食べた後、血中でナットウキナーゼ値が増えたとのデータもあり、

      どちらが正しいかはよくわからない。

       

      納豆は、ナットウキナーゼばかりがクローズアップされるが、

      実は、他にも健康にいいとされるものがたくさん含まれている。

       

      レシチンは神経形成物質だし、ポリフェノールの一種イソフラボンは、

      強い抗酸化作用があり、骨粗しょう症の予防になる。

      大豆サポニンも強い抗酸化作用で、脂質が酸化するのを抑え、

      コレステロール値の上昇を抑えたり、中性脂肪や血圧を下げる効果がある。

       

      そんな「いいことずくめ」の納豆だが、

      あの強烈な匂いとネバネバがニガ手な方もいる。

       

      納豆を作る納豆菌は、大豆ではなく、昔から納豆を包んでいた藁に付着していた。

      日本産の稲の藁1本に、何と1000万個の納豆菌が芽胞の状態で付着しているという。

      納豆菌はとても強い菌で、

      食品会社の中では、納豆禁止のところがあるとかないとか。

       

      それにしても、最初に納豆を作った人は、果たして食用に作ったのだろうか。

      | shwusr | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:39 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode