Entry: main  << >>
菜虫化蝶
0

    16日の土曜日は、七十二候のひとつ「菜虫化蝶」だった。

    これは、「なむしちょうとなる」と読み、

    サナギで越冬したチョウたちが、蝶になる頃といわれている。

     

    菜虫とは、大根やカブなどの葉を食べる青虫のことで、

    暖かい地方ではもうこれらの種が芽を出し、

    青虫の格好の餌になっているのかもしれない。

     

    青虫とひとことに言っても、蝶の幼虫だけでなく、蛾の幼虫もいる。

    青というより、緑色の虫が多いが、

    昔のことで緑も青と言っていたのかもしれない。

     

    しかし、実は青虫といいながら、黒いのや白地に黒斑点のもいて、

    実際にはこれらを含めて青虫と言っている。

    しかもこれらの幼虫も緑の葉を食べて「青く」なるようで、

    小さい時は全く似ても似つかない体色のものが多い。

     

    3月6日からの二十四節気のひとつ啓蟄も、

    この菜虫化蝶が最後の候で、いよいよ21日が春分の日で、

    ここから春分の節気に入る。

     

    春分を過ぎれば文字通りもう春だ。

    昭和町の桜の名所、山伏川の桜の芽も膨らんでいることだろう。

     

    もう今年度も残り2週間足らず。平成31年度が目前だ。

    その前に、当会でも今年度の締めがある。

    事業も会計も未執行や未収、未払いなど最後の確認やチェックの時期だ。

    果たして今年度は健全財政を維持でき、少しでも引当金が摂れたのだろうかなど、

    年度末の恒例の心配事が重なってくる。

     

    その心配事が一段落する頃、青虫がサナギとなり、蝶となってお花畑を飛び回り、

    年度が改まる頃となる。

    | shwusr | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 13:16 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode