Entry: main  << >>
政治家
0

    政治家、特に大臣の失言や失態が相次いでいる。

    「子供を産まない方が悪い」という発言は、

    産みたくても産めない夫婦にとっては、配慮を欠いた暴言だ。

     

    そもそも政治家に必要な資質のひとつとして、

    多様な市民、県民、国民の、その多様性への理解がある。

    それをひとまとめにはできないから政治があり、

    多様性への配慮やバランスを欠いた政策は成り立たないはずだ。

    その大前提を否定するかのような発言は、政治家の資質を疑われても致し方ない。

     

    発言の全てを報道すると、前後の文脈から、

    増え続ける高齢者への批判への対比として少子化問題を持ち出したようだが、

    もしそうだとすると、発言の内容が荒っぽすぎる。

    政治家ならもう少し配慮して言い回しに気を付けるべきだった。

     

    一方、記者会見をするのに、記者からの質問に対する答えが用意できてない大臣も問題だ。

    官僚のレクチャーを受けたはずだが、記者とのやりとりを見ていると、

    そもそもの根本を理解していないようにも思える。

     

    もちろん官僚の側にも問題がある。

    もし、「これくらいのレクチャーで理解してもらわなけりゃ困る」

    と思っていたとすれば、想像力の欠如も甚だしいが、

    理解力のない大臣の方が問題であることは間違いない。

     

    政治家に求められる資質はいろいろあるが、

    少なくとも票を集める力と政治家としての力はイコールではない。

    選挙では政治家は審判を受ける側だが、

    有権者も試されているとも言える。

     

    今年は、そんな選挙の年だ。

    有権者の選択も多様な理由があって難しいが、

    少なくとも「相応しくない政治家」だけは

    選ばないようにしようと思う。

    | shwusr | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:08 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode