Entry: main  << >>
北方領土
0

    今日2月7日は北方領土の日だ。

    日本がポツダム宣言を受諾し、当時の大本営から即時停戦命令が出たのは、

    1945年8月15日の終戦の日だ。

    当時のソ連が、日ソ中立(不可侵)条約を一方的に破棄し、

    日本に宣戦を布告したのは8月8日だから、

    広島に原爆が落とされた2日後のことだ。

     

    このソ連の侵攻が旧満州などでの残留孤児問題も生み、

    50万人とも60万人ともいわれるシベリア抑留の原因となった。

     

    北方四島にソ連軍が攻め込んだのは、終戦8月28日のことで、

    9月5日には占領を完了している。

     

    北方四島とは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島のことで、

    終戦時の記録では、3,124世帯17,291人の日本人が住んでいたといわれている。

    これらの人々が家を追われ、故郷を追われ、漁場を追われ、田畑を奪われて

    ちりぢりになった。

     

    それが、ソ連は終戦のどさくさに紛れて他国に侵略し、

    領土を奪ったと言われている所以だ。

     

    今のロシアのクリミヤ半島やウクライナなどでのヤリ口を見ても、

    昔と余り変わっていないという気もするし、

    ロシアの世論の報道を見ても、厚顔無恥さは変わっていないようにも思える。

     

    昔、旧ソ連の経済が逼迫したとき、ある本県選出の政治家が、

    「北方領土を買ってしまえばいい」と言ったという報道があった。

    当時は、自国の領土を自分で買うという発想は、不謹慎だと批判されたが、

    今にして思えば、どこかのCMではないが、

    かの国の国民性を考え、「結果にコミット」した発言で、有効だったような気がする。

     

    昔、商工会でも県などと一緒に北方領土返還運動に加わり、チラシの配布などに協力した。

    しかし、今は、平和条約の締結や2島先行返還などで、微妙な駆け引きが続いており、

    とても声だかに「北方領土返還」と叫べない状況にある。

    これでいいのだろうか。

    | shwusr | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:52 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      2425262728  
      << February 2019 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode