Entry: main  << >>
水泉動
0

    明日は、というか、明日から七十二候の一つ「水泉動」だ。

    あまり馴染みがないが、「しみずあたたかをふくむ」と読むらしい。

    字面では「あたたか」も「ふくむ」もどこにもなさそうだが、

    地中で凍った泉の水が溶け、動き始める頃という意味だという。

    意味は字そのままだが、読み方がよくわからない。

     

    いずれにしても、今の暦では気の早い話だと思うのだが、

    1月5日が二十四節気の小寒で、20日が大寒なのに、

    その間に地中の氷が融けるという候が入るのはやっぱり凡人の理解を超えている。

     

    そういえば、朝晩の冷え込みは激しい。

    朝、犬にエサをやりに行っても愛犬の飲み水は凍っているし、

    日に日に氷が厚くなっている気がする。

     

    因みに、盆地の平均気温も1月が最も低い。

    2月が最も寒いと思いがちだが、

    月平均だと、1月の平均最低気温は−2.4℃、最高でも8.8℃と10℃に届かない。

    1日の平均でも2.8℃にしかならない。

    一方、2月の最低気温は−1.0℃、最高は10.3℃まで上がる。

    1日の平均は4.3℃となるが、

    これは2月末の気温が、梅が開花するほど一気に上がるからかもしれない。

     

    そんな季節に地中とはいえ、泉の水が溶けだすというのは違和感がある。

    これには、新しい春を迎えたのだから、これから暖かくなったほしいという

    希望が織り込まれているのかもしれない。

     

    物は考えようで、もう暖かい季節に向かっていると考えれば、

    少しは希望をもって前向きになれると思えばいい。

    | shwusr | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:15 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode