Entry: main  << >>
仕事納め
0

    今日は仕事納めだ。

    1年は早い。

    仕事が一区切りとなって、差し迫った業務が減ると、

    1日が長く感じることはあるが、

    次から次へと仕事に追われていると、時間の経つのはアッという間だ。

    そのアッという間の1日が、アッという間の一週間になり、1カ月になり、

    気が付くと年の瀬となる。

     

    特に、年々月日の経つのが加速度的になっている気がする。

    それがいいことなのか、そうではないのかもよくわからない。

    ただ、チコちゃんに叱られないようにしようと思えば、

    あらゆることに全方位的に目を配り、注意を向けている必要がある。

     

    当会の仕事納めは、会長、副会長に来所いただき、

    それぞれから1年の締めくくりの訓示がある。

     

    大きい話もあるし小さい話ももちろんある。

    お褒めの言葉をいただくこともあるが、厳しいご指摘もある。

    それらを肝に命じて、来年を迎えるわけだが、

    「あのとき会長がこんな話をしたっけな」、

    「副会長はそういう考えなんだ」

    というのを意識するかしないかで、仕事に対する取り組み方が変わってくる。

     

    市の事務局というのは、第一義的には会長など任命者、責任者、上司の意を体しつつ、

    第二義的には、非常勤である役員に代わって日常業務を責任もって行い、

    時には、常勤の職員に比べて情報が少ないなかで判断しなければならない役員と、

    できるだけ情報の共有化に努め、時にはレクチャーする責任がある。

     

    その自身の立場や役割を十分理解できない職員は、

    「失格」の烙印を押されても致し方ない。

     

    そういった自身の立ち位置や振る舞いは、自らが意識して身に着けて行かないと、

    上からは信頼されず、下からは突き上げられる、そんな苦しい立場に陥る恐れがある。

    仕事納めを迎えて、もう一度自らの立ち位置を再認識した。

    | shwusr | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:42 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode