スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    合併
    0

      商工会には170余名の職員がいる。

      その職員の会が、県下全体の職員の会「県職員協議会」と、

      その下部組織の位置づけの、県下をいくつかに分けたブロック協議会がある。

      当商工会は、現在、4商工会からなる峡中ブロック職員協議会に属している。

       

      県下には、他に峡北、峡南、峡東と郡内の4ブロックがあり、

      県下には5つの職員のブロック組織がある。

       

      この県下5ブロックというのは、職員ばかりではなく、

      商工会自体も県下47商工会のときから長くこの5ブロック体制で、

      県連の役員などもこのブロック単位で決められてきた。

       

      それが、商工会合併で数が半分の23商工会となり、

      商工会は県下4ブロック体制となった。

      具体的には、峡北と峡中が一緒になった中北というブロックが誕生し、

      このブロック単位で県連の役員などが決められてきた。

       

      ところが、職員のブロックは依然として5ブロックのままで、

      峡北と峡中のブロックは今でも存在している。

       

      この2つのブロックを統合、つまり合併しようという峡中ブロックの会議が今日開かれる。

      合併にはいくつか課題がある。

      ひとつは両ブロックの職員負担の在り方で、これが最も意見の分かれるところで、

      それぞれの考え方があると思われる。

      他にも、職員数60名を超える巨大ブロックが誕生することになり、

      総会など全員が対象のときの会場確保の問題がある。

       

      現在、会長が中北ブロックとしてまとまり、会議などを開いているのに、

      職員は依然として別々の組織というのは如何なものか。

      現状の体制を「歪(いびつ)」、イレギュラーと考えるかどうかで、

      合併に向けた機運は違ってくる。

       

      「現状で支障はない」というのは、平成の市町村合併のときにも聞いたことがあるが、

      今の商工会組織を無視した暴論のように思えるのだが…。

      | shwusr | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:00 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode