スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    橘始黄
    0

      早いもので、明日から師走だ。

      七十二候では、12月2日から6日頃を「橘始黄」という。

      これは「たちばなはじめてきばむ」と読み、黄葉し始めるという意味。

      元となったのは中国宣明暦で、こちらはもっとわかりやすく、

      閉塞而成冬」と呼ばれ、「天地の気が塞がって冬となる」などといった意味らしい。

       

      日本ではどうして気候を表すのに橘が使われたのか。

      橘は、昔から常緑で「永遠」を想像させて縁起がいいとされ、

      家紋や勲章にもデザインされてきた。

      その橘さえ寒さで黄ばみはじめる頃という意味ではないか。

       

      しかし、橘の北限は静岡の沼津あたりで、それより北には自生していない。

      そう考えると都が京にあった頃の話だろうと推測される。

       

      12月になると盆地の最低気温は一気に下がる。

      初旬は平年では2℃という統計だ。

      降水量も激減し、実は1年で最も少ないのは12月だ。

      空っ風の季節を迎えようとしている。

       

      既に今シーズンの初霜は11月1日に観測されていて、これはほぼ平年並みだ。

      初氷は平年より10日ほど遅い11月17日だった。

      初雪はいつだろうと気になるが、これは毎年大きく変動する。

      昨シーズンは年が明けて1月22日だったが、

      その前年は11月24日だった。2カ月の開きがある。

      それを平年にすると、ちょうどクリスマスイブの12月24日となるが、

      果たして今年はどうだろう。

       

      そろそろ路面凍結の心配しつつスタッドレスタイヤの用意もする時期になった。

      そういえば、国土交通省が今シーズンからの大雪時のチェーン装着義務化を発表した。

      毎年車の立往生で生活や物流に大きな影響が出る道路では、

      スタッドレスタイヤでもチェーン装着が義務付けられる。

      5年前の大雪を体験した山梨県民には納得できないことはないが、

      今シーズンはチェーンの用意もしなければならない。

      | shwusr | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:55 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode