スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    伝える
    0

      商工会に限らず、組織にとって重要なことは何だろうと時々考える。

      組織の仕組みだったり、組織としての戦略だったり、構成員の能力やスキルだったり、

      重要と思われることはいろいろある。

       

      しかし、組織が機能するためには、最低限必要なベースとなることがいくつかある。

      そのひとつが価値観の共有だ。

       

      組織では日々様々な業務を処理し、会議などで方向性を決め、対策を練る。

      そのベースになるのが価値観の共有だ。

       

      昭和35年の商工会法の施行から60年近くが経とうとしている。

      当初は、国や県から補助金を受けて、その施策に沿った事業を展開してきたが、

      国からの直接補助金の廃止や、毎年の県補助金のマイナスシーリング、

      大規模小売店舗法から大規模小売店舗立地法への移行、

      小規模基本法の成立と新たな施策の展開など、

      ターニングポイントと言える外的要因の変化はいくつかあった。

       

      そのたびに商工会の方向性や立ち位置が少しずつ変わってきたのだが、

      そういった価値観を共有しないと、組織としてはうまく機能しない。

       

      その価値観共有の大前提が情報の共有化だが、

      どうもこれがうまくできていない気がする。

       

      情報は、「今日誰それが来た」という単純なものから、

      「この会社が融資の返済が滞っている」といった重大なもの、

      「提案したら逆にこんな問題を指摘された」といった複雑なものまで幅が広い。

       

      その情報を相手に「伝えよう」、「伝えなければならない」というごく単純な意識を

      持っているかどうかで、組織の果たせる機能が大きく変わる。

      そういった情報の共有化が組織としての価値観を醸成し、その共有化につながる。

       

      伝えることは些細なことかもしれないが、

      伝えなければ何も生まれてこない。

      伝えることの大切をもう一度再認識してほしい。

      | shwusr | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:04 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode