Entry: main  << >>
晩秋の山脈
0

    師走が近づき、盆地も朝晩少し冷え込み始めた。

    そんな先週のある朝、通勤途中の渋滞で車が進まないときに、

    ふと南アルプス方面に目をやると、

    山々の中腹をうっすらと南北に雲海が漂っていた。

    その日の朝は薄曇りで、陽射しはみられなかった。

     

    めずらしい風景だと思い、よく目を凝らすと、

    雲海が漂っているのは手前の山々で、

    奥には頭に雪を被った南アルプスの高峰と

    その手前の山々がが青黒く連なっている。

     

    その雲海の北の端、ちょうど甲斐駒ケ岳の手前辺りだけ

    まぁるくぽっかりと朝陽が射していて、

    紅葉した山腹が鮮やかに浮かび上がっていた。

     

    雲の切れ間からの陽射しなのか、まるでスポットライトが当たったように明るい。

    その雲海と陽が当たった山肌のコントラストは実に見事で、

    今頃で例えるなら、配られ始めたカレンダーに載りそうな風景だ。

     

    カメラを持っていれば写真に収めたい風景だったので、

    スマホを構えようとしたが、対向車線にパトカーの赤色灯が見えたので、

    カバンから出したスマホを慌てて戻した。

     

    山々の紅葉は日毎に進んでいる。

    朝晩の冷え込みが増すほど色づき鮮やかになる。

    昇仙峡の紅葉ももうピークを過ぎた。

    もうあと10日で師走となる。

    | shwusr | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:41 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode