スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    食物連鎖
    0

      例年より少し遅れて緑のカーテンのホップをネットごと撤去したとき、

      細長い花壇にたくさんの生き物がいた。

       

      カエル、ダンゴムシ、クモ、カマキリetc.

      ホップと雑草の森は小さな生き物の宝庫だった。

       

      ホップの撤去に手間取り、花壇の草取りが後回しになったので、

      先週の陽気のいい日を見計らって草取りをした。

       

      そのとき、片方の羽が広がったままで、動きの鈍い瀕死のカマキリがいた。

      可哀想におもったが、結構な大きさだったので、そのままにせず、

      草と一緒にゴミ袋に押し込んだ。

       

      そんなことはコロッと忘れていたが、

      今週になって、外階段下の喫煙スペースの脇の会館の壁面に、

      まだ生んだばかりの柔らかそうなカマキリの卵を見つけた。

      ちょうど外階段の下で、地面から50僂曚匹里箸海蹐澄

       

      卵といっても、カマキリのそれは卵嚢と呼ばれる袋のような形で、

      その袋の中に、200個ほどの卵を産むらしい。

       

      雪国では、雪の積もる高さより上に卵を産むので、

      その冬の積雪がカマキリの卵嚢の高さでわかるという話もある。

       

      春になってカマキリが孵化しても、その半数は地面に落ちると同時に、

      アリなどの餌食となる。

      残った半数がアブラムシや蝶などを捕食して成長するが、

      その過程でも鳥に食べられたり、カエルの餌にもなっていると思われる。

       

      一説にはカマキリの生存率は平均4%程度と言われている。

      つまり、ひとつの卵嚢から生まれた200匹の幼虫のうち、

      成虫になるのは8匹程度ということになる。

       

      カマキリの卵嚢を発見して、そんな食物連鎖に思いを馳せてみた。

      | shwusr | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:06 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode