スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    スタンブラリー
    0

      「しょうわ暮らしの便利帳」の発行からちょうど1カ月が経った。

      冊子の中心は一店逸品事業だが、早いもので、最初の発行から12年が経過した。

       

      一店逸品事業は、参加店からなる企画推進委員会を設置し、

      レイアウトから表紙、発行部数と配布エリア、販売促進企画などを

      毎年協議していただいている。

       

      12年前に遡るが、この委員会を最初に設置したとき、

      各委員とも初めての委員会で、なんとなく戸惑いながらも、

      それぞれ思うところがあって、回を重ねるにつれて、活発な議論が交わされた。

      ときには意見が対立し、結論を次回の委員会に持ち越すこともしばしばあった。

       

      そんな委員会の議論の中で、唯一といっていい全員一致の結論があった。

      それが「毎年同じものは作らない」という一店逸品に携わる者の、

      一種の矜持のような合意だ。

       

      その意見に従い、まず、表紙は毎年趣向を凝らし、

      最初は参加店の店主やスタッフの顔写真で表紙をデザインした。

      その後、様々な表紙の紆余曲折を経て、

      今年は「一店べっぴん」の参加者の写真が採用された。

      原点に戻った気もするが、今年はスタンプラリーを何年かぶりで復活させた。

       

      スタンプラリーは、当初実施した頃は参加店もそれほど多くなく、

      ラリーの賞品は、委員会の移行もあって、各参加店で受け取れるようにした。

       

      しかし、実はこれが大変だった。

      賞品数を限定したが、スタンプが揃うとその場で賞品が受け取れた。

      しかし、いつお客さんがスタンプを揃えて賞品の引換に来店するかわからないので、

      各参加店の「賞品在庫」把握し、在庫切れを起こさないように補充しなければならない。

      当時は職員数も少なかったので、毎日どこかの店に賞品を補充していた。

       

      今年は賞品の引換は商工会事務所だけに限定したので、

      お客さんには少し不便をかけるが、「いい賞品」を用意したので、

      スタンプラリーに「火がつく」ことを期待している。

      | shwusr | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:33 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode