Entry: main  << >>
霜始降花(しもはじめてふる)
0

    明日10月23日は七十二候のひとつ霜始降花(しもはじめてふる)だ。

    文字通り霜が降り始める頃という意味だと思うが、

    「霜始降」で「しもはじめてふる」と読むはずで、

    最後の一文字「花」はいったい何の意味なのか。

    ちょっと考えてしまった。

    誰か知っている人がいたら教えてもらいたいものだが、

    少し推測してみた。

     

    まず、霜が花に降りかかると考えると、一番わかりやすい。

    この時期はまだ花が咲いている季節だから、

    花びらに霜が降りかかれば、一晩で枯れてしまう。

    それも自然の摂理だから、仕方ないものだが、

    鉢植えなら軒下に避難した方がいい頃ともとれる。

    ただ、この場合「しもはじめてはなにふる」と読むべきで、

    何となくしっくりこない。

     

    次に考えられるのは、朝、一面に霜が降った様子を「花が咲いた」と解釈して、

    霜の花という意味だが、そうなら「霜花始降」とすべきような気がする。

     

    もうひとつ考えられるのは、「霜始降花」は漢語の表現だが、

    漢語には強調の語を前や後につけることがある。

    「花」もその類かとも思ったが、協調の語にしては少し違和感もある。

     

    いずれにしても、10月の下旬は霜が降りる頃で、

    それまでの残暑がウソのように肌寒くなることは確かだ。

     

    もう窓を開けて寝ることもないし、毛布も厚手のものに替えなければ、

    明け方10℃を下回る日もある。

    夏が暑かった分、冬が駆け足で近づいているのだろうか。

    | shwusr | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:23 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode