Entry: main  << >>
ガソリン価格
0

    ガソリン価格の高止まりが続いている。

    ハイブリッド車や電気自動車が普及しつつあるとはいえ、

    ガソリン価格の高騰は、本県のように公共交通機関が少なく、

    車社会の県では、生活に響く。

     

    今のガソリン価格は、1ℓ当たり150円を超えたままだ。

    最近で最もガソリンが安かったのは平成28年の2月で、

    1ℓ当たり110円だった。その頃から比べると40円も高い。

    仮にこのままの価格が1年間続いた場合、月2回40ℓを満タンにする車だと、

    40円×40ℓ×2回×12カ月で、年間38,400円の負担増だ。

     

    来年の10月からは消費税率も2%引き上げられ、

    上記の計算だと、39,168円となり、平成28年の頃と較べると、

    ほぼ40,000円も多くガソリン代に消えることになる。

     

    もちろん燃料代の高騰は、事業所も直撃する。

    商工会の運送業関連の会員事業所も燃料代の高騰には頭を悩ましている。

     

    そんなガソリン価格だが、消費税の導入された平成元年以降、

    ガソリンに対する税金は二重課税ではないかという疑念が指摘されている。

    現行のガソリン税は1ℓ当たり28.7円で、

    それに25.1円の暫定税率が足されており、合計53.8円がガソリン税だ。

    これに石油税が2.8円加算されているから石油諸税だけで56.6円になる。

    さらに、これに消費税8%がさらに加算されているから、

    56.6×8%=61.1円で、これが全て税金として課税されている。

    しかし、よく考えると、この計算に疑義がある。

    ガソリン税や石油税に消費税を課税するというのはちょっとおかしくはないか。

    つまり、税金に税金がかかっていることになる。

    これが二重課税といわれる所以だ。

    来年の10月からはさらに消費税が上がり、

    ガソリンにかかる税金だけで62.2円となる。

     

    ガソリン価格の高騰で、税金分の割合は減っているが、

    それでも4割が税金ということになる。

     

    税金の二重取りも釈然としないが、

    何より一日も早くガソリン価格が下がり、それが安定することを願っている。

    | shwusr | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:00 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode