Entry: main  << >>
スタンプラリー
0

    当会が一店逸品事業を始めて、早いものでもう12年が経過しようとしている。

    最初の一店逸品は手探りで、参加店も確か38店だった。

    参加をお願いして、おそらく参加店の2倍、3倍のお店に伺ったと思う。

     

    それでも、参考となるような冊子も持たず、初めての事業に、よく参加いただいたと思う。

    そう考えると「打率」は決して低いものではなかった。

    「何かやってやろう」と思っていた店が多かったことも幸いしたのかもしれない。

    あれから12年。ことしも120店の参加を目指して募集しているが、

    10月7日のふれあい祭りの当日を発行日としているため、

    そろそろ募集を締め切らねばならない。

     

    その一店逸品カタログも、今は「しょうわ暮らしの便利帳」として、

    快適住居(スマイル)工房や町の施設に加え、

    ことしは希望のあったいくつかの医療機関も詳細に紹介している。

     

    それと、ことしは、10年前に一度実施したスタンプラリーを復活する。

    今のところ、いくつかの案が出ていて、詳細は明かせないが、

    消費者にとって魅力あるラリーとなるよう、

    Wチャンス方式で実施する予定だ。

     

    スタンプラリーには賞品がつきもので、これは景品表示法という法律が関係する。

    この法律では、賞品として提供できる懸賞に制限を設けている。

    商品やサービスを買って懸賞に応募する方式の場合は、

    その商品やサービスの価格が5,000円未満の場合は、

    景品の最高額を取引金額の20倍までとしている。

    例えば、4,000円の商品、サービスの場合は、80,000円までとなる。

     

    これは一般懸賞と呼ばれるもので、今回のスタンプラリーはこれに該当するが、

    商店街の福引などは共同懸賞と呼ばれ、

    景品類の最高限度額は300,000万円と定めている。

    このほか、来店者ら全員にもれなく提供するものは、総付懸賞と呼ばれ、

    賞品、サービスの価格が1,000円未満の場合、景品は200円まで、

    1. 000円以上の場合は10分の2までと決まっている。

    まだして吸添付ラリーの詳細は決まっていないが、

    企画倒れにならないよう、消費者に魅力あるものにしようと考えている

    | shwusr | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:58 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode