Entry: main  << >>
効果
0

    印刷会社を経営する会員が「チラシや折り込みが減って」と嘆いていたのはもう随分前のことだ。

    確かに、昔はポストに新聞を取りに行って、

    つい手が滑るとドサッと重い広告の束が地面に落ちた覚えがある。

     

    しかし、最近は新聞が薄くなった。

    新聞というより広告の折り込まれた新聞に厚みがなくなり、

    広告はほとんど入っていない。

     

    考えてみると、昔は広告を見て店に行き、広告の品を買い求めた。

    今は、そんな習慣が減った。

    ネット販売やネットオークションなど、購買チャネルが多様化したことも原因だが、

    モノ自体があふれ、消費者のニーズも多様化して、

    「広告の品」で消費者を釣るような販売方法の効果が薄れたのではないか。

     

    もちろん、広告に一定の効果はあるはずだ。

    しかし、「広告の品」に魅力を感じる消費者が、昔に比べて減ったのではないか。

     

    もうひとつ考えられるのは、新聞購読者の減少だ。

    昭和町の世帯数は8,700ほど。

    そのうち新聞購読世帯は、約6割の5,200世帯にとどまっているらしい。

    つまり、新聞折込をしても約4割の手元には届かないという計算になる。

     

    最近はパソコンやスマホで情報を取る傾向が強い。

    緊急地震速報は言うに及ばず、豪雨予報など情報が早い。

    翌日の新聞で改めて見るニュースもないこいはないが、

    例えば夏の甲子園の高校野球などは、前日既に話題の中心となっており、

    翌日の新聞を見てからでは既に古い情報となっていることが多い。

    したがって、スマホ世代の若い人を中心に、

    新聞は不要と思われて購読されないのではないか。

    そうなると、チラシなどの折込の効果も限定的になる。

     

    当会では、町と中央市の行政、商工会と共同で、今年も10月から創業塾を開催する。

    その募集に折込チラシを入れる予定だが、その効果に少し懸念もある。

    もちろん折込以外の周知方法もあるから、折込の効果が限定的なのは承知だが、

    時代の変化と言えばそれまでだが、少し残念な気もする。

    | shwusr | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:05 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode