Entry: main  << >>
大雨時行
0

    今日8月2日は、七十二候のひとつ大雨時行だ。

    これは「たいうじこう」ではなく「たいうときどきふる」と読む。

    時として大雨が降るという意味らしいが、確かに先週末の逆走台風で

    大雨に見舞われた地域は多かった。

     

    この場合の大雨は、台風よりむしろ夕立や雷雨を想定している気もするが、

    集中豪雨でさえなければ、植物や渇水期のダムには恵の雨ともなる。

     

    調べてみると、盆地の降水量は9月が最も多く、次いで多いのが8月だ。

    この季節の降水量の多さは台風の影響もあるのだろうが、大雨時行の時期には相違ない。

     

    因みに9月の降水量は約180mm、8月は約150mm。

    これは過去30年の平均だから、1時間に100mmという豪雨が、

    いかに凄まじいものかが想像できる。

     

    大雨時行の頃になると、雷雨による事務所のパソコンへの影響が心配になる。

    ゴロゴロ音がしたら、まず今打っている文書などをすぐに保存する。

    音が近くなったらパソコンの電源を切る。これは鉄則だ。

    雷が落ちると停電が起きる。これでまず保存していない文書は一巻の終わりだ。

    半日かけて作った資料のデータを一瞬で失ったニガい経験もある。

     

    雷は停電ばかりではなく、  雷サージと呼ばれる一過性の過電流 を流し、

    パソコンはその負荷で壊れることもある。

     

    最近は、雷対策用の電源タップやUPSと呼ばれる無停電電源装置なども市販されていて、

    当会でもこれらの雷や停電対策を一応は行っている。

     

    しかし、大雨時行の時期には、文書などをこまめに保存する癖をつけ、

    定期的にバックアップをとることが最も安全なのかもしれない。

    | shwusr | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:52 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode