Entry: main  << >>
商工政治連盟
0

    7月19日の理事会終了後、政治連盟支部の役員会が開かれた。

    席上、副支部長に出馬要請が行われたが、

    こうした場面は職員が関わることはほとんどない。

     

    商工政治連盟については以前にも書いたが、

    商工会とは一線を画した政治団体で、

    商工会が職員主導で運営されていると批判する向きも、

    こと政治連盟に関しては、役員主導を認めざるを得ない。

     

    「政治は主義主張の異なる人達の駆け引きと調整の場だ」

    と誰か言ったらしいが、大多数の有権者は、自身の考え方を持ってはいても、

    主義主張と言えるものまではほとんど持たない。

     

    ただ有権者には好みと嗅覚がある。

    誰の主張が好ましいか、誰が誠実か、誰に実行力がありそうかなど、

    適任者を見分ける、いわば審美眼は選挙の度に磨かれているはずだ。

     

    商工政治連盟は、政治の場に商工業者の同志を送る組織だから、

    当然自分たちの仲間に活躍してもらうことが最善の選択だ。

     

    小規模企業振興基本法の成立に尽力した宮本周司参議院議員は、

    元石川県商工会青年部連合会会長で、全国商工会青年部連合会会長も歴任した。

    石川県の造り酒屋の後継ぎで、一旦親から継いだ酒蔵をまた親が逆承継してまで

    政治の場に足を踏み入れた。

    造り酒屋といっても、自分を含めた4人で酒を造る小規模な酒蔵だ。

    その覚悟がすごい。

    その小規模企業としての誇りと矜持があったからこそ、

    基本法という根幹の法律の成立にこぎ着けたのかもしれない。

     

    今、全国の市町村で着々と条例の制定が広がっている。

    6月25日に成立した当町の中小企業・小規模企業振興基本条例も

    この宮本議員の熱い思いが結実してものだ。

     

    明日は、その宮本議員の仲間である立石元兵庫県商工会青年部連合会長から聴いた

    宮本議員の覚悟の一端を紹介する。

    | shwusr | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:30 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode