Entry: main  << >>
観測史上初
0

    先週の金曜日、6月29日に梅雨明けの時期について書いたら、

    何と今年はその日が梅雨明けだった。

    平年と比べると3週間以上も早く、もちろん史上最速の梅雨明けで、

    6月に梅雨が明けたのは、観測史上初めてだという。

    最近、気象の現象で「観測史上初」というのがやたら多いように思うが、

    気のせいだろうか。

     

    梅雨入りが6月6日だったから、梅雨の期間はわずか23日ということになる。

    異常気象と一言で片づけるには、あまりにも短い梅雨だった。

     

    梅雨の時期も含めて四季の気候を元に様々なものが成り立っている。

    例えば飲料水はダムが水源のところが多いが、

    夏に向けた水量は確保できるのだろうか。

    郡内地方には、傘を作っている業者が多いが、最盛期が短かったことで、

    過剰在庫になっていないだろうか。

     

    一方、早い梅雨明けで、暑さで列島が覆われる期間も長くなった。

    夏物衣料は期待できるかもしれない。

    エアコンなどは売れ行きが好調になるだろう。

     

    そう考えると、短い梅雨の功罪は事業者を直撃することがある。

    会館の緑のカーテンのホップも、梅雨の時期は水遣りがほとんど必要ない。

    しかし、7月の初めからホースに穴を空けただけの自動散水装置がフル稼働だ。

     

    気象庁の予報では、7月は暑いらしい。

    もう梅雨明けしているから、晴れの日が多いのは当然だが、

    8月も同じように晴れの日が多いという。

    そうすると猛暑日も増え、「暑い夏」が予想される。

     

    もう既に熱中症の患者も増えている。

    暑さ対策に万全を期して、暑い夏を乗り切るしかない。

    | shwusr | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:56 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode