Entry: main  << >>
腐草為蛍
0

    昨日6月11日は、72候のひとつ「腐草為蛍」だった。

    まず、これを正確に読める人は3%未満だろう。

    漢字の意味から推測して、「腐る」と「ホタル」は何となくわかるが、

    その関係が検討もつかない。

    これは、「くされたるくさほたるとなる」と読むらしい。

     

    意味は、昔は、腐った草が蛍に生まれ変わると信じられていたことから、

    そろそろ水辺に蛍が舞い始める季節ということ。

    地域によって蛍の舞う時期には差があるが、

    そういえば、5月の下旬頃だったか、

    当町の風土伝承館杉浦醫院で、蛍の飛び交うなかで、

    太鼓やオカリナの音色を楽しむ「ホタル夜会」が開催されたと聞いた。

     

    その昔、水資源が豊富な当町は、清流のあちこちに蛍が飛び交う

    のどかな田園風景が広がっていた。

    都市化が進むとともに、町では、町民憲章の第1章に

    「自然と調和した美しい町をつくります」と謳い、

    新旧住民のふれあい活動の場づくり、故郷を愛する心とボランティア意識の高揚等を

    昭和町の象徴であった源氏ホタルの復活活動に託した。

    町には、源氏ホタル愛護会などがあり、蛍の復活に向けた活動を続けている。

     

    蛍の寿命は短いと思っている人もいるかもしれないが、

    短いのは成虫になってからの期間で、約2週間しか生きられない。

    しかし、その前が長く、約1年を幼虫のまま水生昆虫などを食べて水中で暮らす。

    成虫となってからは、口が退化しているため、水分しかとらない。

    成虫の蛍は繁殖のみに専念し、発光するのは、求愛行動だという。

     

    草が腐って蛍に生まれ変わるという考えには、昔の人のロマンを感じる。

    いつの日か、昭和町に清流が蘇り、蛍の柔らかい光が飛び交うことを期待したい。

     

    | shwusr | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:09 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode