Entry: main  << >>
商工会の日
0

    昨日6月10日は、商工会の日だった。

    1960年、昭和35年に商工会法が施行された日だ。

     

    商工会の歴史は法施行前にもあったが、

    そのほとんどは商店街組合など任意団体を母体としたもので、

    法制化で初めて市民権を得たと言える。

     

    一方、商工会議所の歴史は古く、明治11年には東京、大阪、神戸に、

    商法会議所として設立されたのが始まり。

     

    「商工会と商工会議所の違いは」

    と聞かれることがあるが、

    「都市部や大きい市には商工会議所があり、商工会は町村部にある」

    と答えることにしている。

     

    細かく違いを説明するといろいろある。

    まず、商工会議所には、商工会のような組織率50%の規定はない。

    その代わり、特定商工業者という一定規模以上の商工業者の登録と経費負担が必要で、

    これは会員の枠を越えて必要とされている。

     

    また、意思決定の方法が少し違う。

    商工会の最高意思決定機関は、総会や総代会で、

    会員は規模の大小に関係なく、それぞれ平等に1票の権利をもつ。

    一方、商工会議所は、選挙で選任された議員による議員総会で意思決定を行うが、

    議員選挙は会費1口当たり1票の権利をもつ。

    つまり、会費の口数が多い方が票数も多くなる仕組みだ。

     

    商工会の日の表題なのに、話が脱線したが、

    昔は商工会の日には駅頭で女性部が花の種を配ったり、

    幹線道路の歩道に花を植えたプランターを置いたりして、商工会のPRにも努めた。

    今は、こうした行事もなくなったが、商工会の認知度が上がった証かもしれない。

    青年部では、東日本大震災を契機に、商工会の日の前後に、

    「絆運動」として、地域貢献活動を続けており、

    これは地域への感謝の気持ちを表す行事として定着しつつある。

    | shwusr | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:47 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode