スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    まばら
    0

      会館南側のホップが伸びてきた。

      勢いのいい株からは、もう3mを超える芽がいくつ伸びていて、

      その窓はすっかり緑のカーテンが出来上がった。

       

      ここのところ毎朝、ホップに自動散水器で水を遣る。

      自動といっても、単にホースに千枚通しで点々と穴をあけただけの単純な装置だが、

      それでも蛇口をひねるだけで散水できるのは助かる。

      ホップの植えられている所は、会館の外壁と隣地の水田との境のフェンスの間で、

      幅80cmほどしかなく、しかもエアコンの室外機が2箇所あるため、

      これを乗り越えながらジョウロで水を遣るのは至難の業だ。

       

      ホップは18mほど植えられていて、その株も最初は10本ほどあった。

      しかし、何年か経つとどうしても翌年芽の出てこない株もあり、

      翌年になると「成績」の差がはっきりしてくる。

      今年は、既に3m以上伸びているところもあれば、

      1mほどの弱々しい芽しかないところもあり、

      今のところ「まばら」なカーテンだ。

       

      数日おきに芽を誘引するのだが、まだ伸びが足りずにネットまで届かないものもある。

      ここ1カ月がある意味勝負だが、

      ことしの春に勢いのいいホップから切り取って植え替えた株からは、

      やはり細い芽しか伸びてこない。

       

      ホップの緑のカーテンのいいところはゴーヤのように毎年植える必要がなく、

      一度植えると、翌年またそこから目が出てくるところだが、

      もうひとついいところがある。

      それは、芽の先を欠くと、そこから二股に分かれて新しい芽が伸びるところで、

      2が4、8と広がって伸びるのが特徴だ。

       

      その特徴を活かし、まばらな緑のカーテンを何とか薄いレース程度にはしようと、

      狭い花壇に入っては悪戦苦闘しているが、窓の外のホップを見るたびに、

      真夏の陽射しが強くなる前に、カーテンの機能が発揮できるようにと考えている。

      | shwusr | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 08:41 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode