Entry: main  << >>
譲り合い
0

    先日、このブログのアクセス数のことを書いた。

    それを職員に話したら、

    「通勤の話が一番おもしろいです」と言われた。

    確かに第三者を肴にした軽い話題なので、気兼ねなく読めると思う。

    そこで、最近あった通勤の時の話をひとつ。

     

    ずうずうしい大型SUVのおばちゃんの話は前にも書いた。

    確か連休前だったと思うが、

    その日もそのSUVがすれ違いのできない道にノンストップで左折してきた。

    99%の対向車は、そのT字路を左折する前にカーブミラーで確認し、

    対向車が見えれば、左折せずに待っていてくれるが、

    そのおばちゃんには一時停止という概念もなければ、譲り合いの意味もわからないらしい。

     

    そのすれ違いできない道は、せいぜい50mほどの間で、

    ちょうど真ん中に、普通車同士がギリギリすれ違える場所がある。

    そこまで進まないうちなら、そこでドアミラーを格納してすれ違うが、

    そこを過ぎると対向車に引っ込んでもらうしかない。

     

    その日も、こちらがカーブミラーのすぐ手前まで来ているのに、

    おばちゃんはまるでこちらを無視するかのように曲がってきた。

    当然こっちはブレーキを踏んで停止した。

    ところがおばちゃんは、車体が角を曲がりかけたまま動かない。

    まるで「そっちがバックしろ」と言わんばかりだ。

     

    初めてすれ違ったのなら、バックすることも考えるが、相手は札付きの常習犯だ。

    運転席を見ると、「私の車は大きいのだから優先なのよ」とでも言いたげに、

    おばちゃんはタバコをふかしている。

    そのまま数秒が経ち、こちらは動くつもりは毛頭ない。

    おばちゃんは痺れを切らし、タバコを咥えたまましぶしぶバックを始めた。

     

    おそらく、毎朝こんな迷惑を振りまいているのだろう。

    おばちゃん、道路はあんたの私道じゃないからね。

    みんなで気持ち良く使いましょう。

     

    すれ違うとき、手を挙げてお礼しようとも思ったが、

    このおばちゃんには通じないと思い直し、挙げかけた手を引っ込め、無視して通り過ぎた。

    | shwusr | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:40 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode