スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    予算
    0

      総代会に向けて、平成30年度の予算を編成した。

      各担当がそれぞれの事業や経費の予算を積算し、

      部会などで承認されたものを総務課の担当が取りまとめ、

      さらにその担当が職員の設置や全体の予算を積算して、平成30年度予算が仕上がった。

       

      今年度の予算は、総額8,300万円余になる。

      当初予算規模とすると、特別事業として約1,500万円余の事業費で商品券事業を

      実施した平成27年度の予算規模に次ぐ過去2番目の規模だ。

      この特別事業を除くと、実質的には過去最高の予算規模となる。

       

      ちょうど10年前の平成20年度の予算規模を調べてみると、約5,500万円だった。

      この10年で約2,800万円増え、約1.5倍の予算規模になった。

       

      さらに細かく見てみると、

      県補助金が約2,475万円、町補助金が約930万円に対し、

      会費収入が785万円、手数料収入が約670万円、特別賦課金などが640万円と、

      補助金依存度は62%もあった。

      差引き38%が自己財源比率ということになる。

       

      これを今年度の予算と比較してみると、

      県補助金は3,570万円と1,100万円も増えた。

      これは職員が4名増えたことが大きい。

      町補助金も1,323万円と400万円近く増やしていただいた。

      これに昨年から国の伴走型補助金を受けており、今年は約215万円余が交付予定だ。

       

      一方、自己財源の中心となる会費は、1,364万円余と約1.7倍にもなり、

      600万円近く増えた。

      記帳や労働保険、共済などの手数料も約1,100万円に増えた。

       

      自己財源比率は39%とわずかに増えたが、まだまだ補助金依存度が高い。

      それでも、昨年も、単年度では健全財政が維持できており、

      県連会費や負担金などが軒並み増えたなかでは、貧乏商工会なりに健闘しているとは思う。

      | shwusr | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:36 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode