Entry: main  << >>
自動調整機能
0

    最近、朝の通勤時に混むことが多い。

    根かせっかちで、ハンドルを握ったまま車が停まっている状態が好きではないので、

    どうしても「脇道通勤」になる。

    その脇道から幹線道路に出る信号が混む。

     

    これまでは、いつもは信号1回待ち、混むときでも2回待てば、

    広い2車線の幹線道路に出られた。

    ところが、先週の月曜日だったか、幹線道路に向かう道に入った途端、

    前方が詰まっていていきなり200m近くの大渋滞だった。

    事故かとも思ったが、少しずつ前には進む。

    結局幹線道路に出るまで信号3回待ちだった。

     

    こんなことは初めてで、これでは狭い脇道をきた意味がない。

    信号の手前にコンビニがあり、店から出る車も並んでいる上、

    幹線道路の手前の信号のない交差点でも、左右から出てくる車が並んでいる。

    それらの車が、信号が変わる度に渋滞の列に加わってくるから、一向に前に進まない。

     

    結局、信号を3回待って、かろうじて黄色信号に変わる直前に、ようやく幹線道路に出た。

    幹線道路も渋滞はしていたが、いつものとおりのペースで前には進む。

    いくらかホッとして、さっきの渋滞を考えてみた。

     

    おそらく、何らかの理由で、幹線道路に向かう道で渋滞が起きたのだろう。

    コンビニの手前に宅急便の集配施設があり、たまに、大型トラックが出入りする。

    もし、朝の渋滞時に出入りしたとすれば、車線を全部止めて切り返すから、渋滞が発生する。

    あるいは、朝の通学の児童の集団登校が道を横切れば、これも渋滞の原因にはなる。

    しかし、これはいつものことなので、それほど混むはずはない。

     

    やはり、新年度に入って人の動きが変わったことが要因ではないかと考えた。

    新たな職場に向かう車が、この脇道を通り、その台数が増えたために渋滞した。

    とすれば、しばらくは渋滞を覚悟しなければならないが、少しするとおそらく落ち着く。

    なぜなら、自動調整機能ともいうべきものが働いて、渋滞を避ける動きがでるからだ。

    「こんなに混むのなら、この道はよそう」というドライバー心理だ。

    その自動調整機能に期待しながら、

    しばらくはいつもの脇道を通勤するしかないとなんとなく思った。

    | shwusr | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:32 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode