Entry: main  << >>
異常気象
0

    昨日書いた桜の散る早さは、異常気象のせいだという報道があった。

    確かに3月は暖かかった。

    事務所のストーブも、また寒い日もあることを前提に、

    しばらく灯油を注いだまま片づけなかったが、

    辞令交付式などの邪魔になり、一旦は廊下に出したが、

    また使う日が来ると思っているうちに、ついに火を点けることなくしまう破目になった。

     

    報道によると、東京などの3月の平均気温は、ここ100年間で最も高かったという。

    ゲリラ豪雨や豪雪以外にも、こんな天気も異常気象に違いない。

     

    この時期に25℃を超える夏日になると、着る物に困る。

    朝晩と日中の寒暖差が10℃どころか15℃近くある日もでてきた。

    とかも雨が降らず、湿度も低い日が多い。

    そうなると体調を崩す人がでてきて、新年度の慌ただしい時期に大変だ。

     

    こんな異常気象が続くと、この先が心配になる。

    長期予報で、今年の夏の暑さを調べる気の早い人もいると思うが、

    気象庁のHPから、向こう3カ月の長期予報を調べてみた。

    4月は「天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。」

    5月は「天気は数日の周期で変わるでしょう。」

    6月は「平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。」

    という予報だった。

     

    最近の天気予報はよく当たる。

    民間の気象予報会社も活躍していて、スマホのアプリで雨雲の動きまで予想できる。

    しかし、さすがに、突然のゲリラ豪雨や3年前の豪雪のような異常気象の予想は、

    その可能性も含めた注意喚起にとどまるのではないだろうか。

     

    それでも、異常気象の可能性だけでも頭にあれば、

    農家に限らず、小売店やサービス業でも、予想やある程度の対策を立てることができる。

    朝、雨の天気予報を見て傘を持っていく些細なものから、

    天気予報に基づいて、生産量や仕入れ量まで調整することが、

    当たり前の時代になってきている。

    | shwusr | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:04 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode