Entry: main  << >>
緩む
0

    3月に入って、寒さが一気に緩んできた。

    暦は正直だ?

    盆地が氷点下になることはもうないかもしれない。

     

    朝、車のフロントガラスが霜で凍ることもないし、

    庭の犬の飲み水が凍ることもない。

    木々の芽も膨らんで、次々と芽吹きに向けた準備が整う。

     

    商工会は、決算・確定申告指導の最盛期で、緩んではいられないが、

    最後の申告書を税務署に提出すると、途端に気が緩む。

    しかし、これは致し方ない。

     

    普段の仕事に緊張感がないわけではないが、決算・申告の指導はまた特別で、

    複雑で、ケースバイケースとなる税務計算の指導に間違いは許されない。

    しかも、会員を時間指定で90分ごとに呼び出しているため、

    原則、その限られた時間内に、所得税も消費税も全て仕上げなければならない。

    ほぼ完璧に仕上げてくる会員もいる反面、

    何十年やっていても帳簿が間違いだらけの会員もいる。

     

    それでも制限時間は皆一緒なので、緩んだ気持ちで指導すると間違いが起こる。

    その緊張感もあと10日ほど。

    この時期が終わると気持ちが緩む。

     

    昔は、この年度末まで、決算に向けた整理や、やり残した事業など仕上げるだけだった。

    しかし、今は、来年度の国の補助事業の申請や、中長期目標のまとめなど、

    決算・申告期が終わってからやらなければならない事業が増え、

    気持ちが緩んでいるヒマはない。

     

    寒暖と忙しさの比喩はことのほかわかりやすい。

    暖かくなって木々が芽吹き、花が咲き始めると、

    何となく気持ちもほころんでくる向きは多いと思う。

    | shwusr | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:17 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode