Entry: main  << >>
祝1,000会員達成
0

    1月31日の理事会で、73人の新会員の加入が承認され、

    当会の会員数は悲願の1,000を超え、1,029人となった。

     

    思えば、昭和42年の創立当時の会員数は、140人程だった。

    半世紀が経過して、会員数は7倍を超えた。

    それでも、創立時点では、分母となる町内の商工業者数は210人だったから、

    3分の2を組織化して発足したことになる。

     

    今回の大量の新規加入は、イオンモール甲府昭和の増床に伴う加入が大きかった。

    今、大型店の出店は、大規模小売店舗立地法に基づいている。

    この法律では、大型店の出店を、渋滞、騒音、ごみなどの社会的側面から規制している。

    しかし、昔の大規模小売店舗法では、店舗面積や営業時間、周辺中小商業への影響など、

    経済的に規制していた。大型店対中小商店の構図だ。

    その規制にあたり、商工会に大型店の出店を調整する機能を持たせていた。

    その頃とは、まさに隔世の感がある。

     

    しかし、イトーヨーカドー甲府昭和店も含めて、

    大規模ショッピングセンターなどが林立する当町にあって、

    大型店と連携して共存共栄を図っていくことは、大きな課題だ。

     

    幸い、両店をはじめ、大型店から商工会の組織や活動を理解いただき、

    テナントを含めて全店が加入いただいたことは、商工会にとっては大変ありがたい。

    この大型店の理解なくしては、とても1,000会員は覚束なかったと思う。

     

    連携も徐々に進んでおり、1月にはイオンモールで逸品フェアも開催した。

    また、セミナーも共同開催している。

    来年度の新たな連携も、今模索している。

     

    大型店同士も熾烈な競争を繰り広げている。

    そんな中で、地域貢献も求められる大型店の苦労を理解しないと、

    連携していくのも難しい。

     

    当商工会は、県下でも特異な商工会だ。

    今年の商圏実態調査で、昭和町の商業力がどうなっているのか興味があるが、

    大型店の集客力やノウハウを中小商業の活性化にどう活かしていくのか。

    当会も、1,000会員達成に浮かれてばかりはいられない。

    その真価を問われ続けている。

    | shwusr | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 07:55 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode