Entry: main  << >>
皆既月食
0

    一週間前の先週の水曜日、1月31日は山梨でも皆既月食が見られた。

    ちょうど商工業振興協議会や優良従業員表彰式の当日で、

    パーティーも終わって、二次会で盛り上がった面々以外は、

    帰宅して少し体も温まった午後9時前から、

    約2時間余の天体ショーを鑑賞した人も多かったと思う。

     

    月食というと、日食が頭に浮かび、部分日食と同じように

    部分月食とかもあると思いがちだが、

    月食の仕組みをよく考えると、「ありえない」ことになる。

     

    つまり、日食は、

    太陽 地球が一直線に並んだときに、

    太陽の光が月によって遮られることで起こる。

    一方、月食は、

    太陽 地球 月が一直線に並んだときだから、

    常に、皆既月食が起きるときは満月ということになる。

     

    日食の方が金環食などバリエーションも豊富で、

    何といっても昼日中に起きるから、注目度も高い。

    昔は、お日様が隠れてしまうことから、

    この世の終わりのような混乱もあったと記録されている。

     

    月食のときに月が赤っぽく見えたのは、

    地球の大気を通過した赤い光が月を照らして起きる現象らしい。

    自然というより宇宙の神秘と言った方が近いと思うが、

    少々禍々しさも感じた人もいたはずだ。

     

    次の皆既月食は7月28日と言われているから、意外に早く見られる。

    ただし、時刻が夜明け前らしいから、

    先週のような見事な皆既月食を見ることはできないかもしれない。

    いずれにしても、天体ショーは、何となくロマンを掻き立てる。

    商工会の仕事にロマンがないなどと書くとお叱りを受けるが、

    バランスを保つにはちょうどいい皆既月食ではあった

    | shwusr | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 08:05 | - | - | - | - |
      Comment








      Trackback

      PR

      Calendar

        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode