スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    主張発表
    0

      商工会の青年部と女性部では、毎年、全国で主張発表大会を開いている。

      県大会、関東ブロック大会で、それぞれ最優秀が選ばれ、

      全国大会で8ブロックの代表が最優秀を競い、日本一が決まる。

      本県の女性部でも県内4ブロックから1名ずつの発表者が、

      11月末に開かれる県大会で女性部に関する主張を発表する。

       

      当商工会の属する中北ブロックでは、毎年発表者を持ち回りで決めている。

      本来であれば、中北ブロック大会を開いて、代表を決めるべきだが、

      そうなると、万が一全国大会出場まで進むと、4回の発表と審査が必要となり、

      日程や準備の関係で、各商工会だけでなく、

      事業を営んでいる発表者の女性部員の負担も大きくなることから、

      持ち回りになったと聞いている。

       

      今年は当商工会が主張発表の当番で、

      役員会でまず、主張発表者を決めた。

      選ばれたのは役員を務めている女性税理士で、

      本人も含めて、誰もが適任と思われる人選だった。

       

      女性部は、担当職員も含めて他のどの事業よりも意気込みが凄まじく、

      先日、役員を集めて予行演習が行われた。

      聞くところによると、「さすがは税理士」と思わせる堂々とした発表に、

      練習はその1回きりで、聴衆の役員と職員を魅了し、大いに盛り上がったという。

      後は、応援方法の話し合いや応援グッズの製作に時間を費やしたらしい。

       

      主張の主旨は、女性部の組織化50周年を迎えて、

      原点に返った活動をしようというもの。

       

      社会は女性の活躍を求め、その場や環境を整えようとしているが、

      女性部員には、本来業務である自らの事業があり、これが一丁目1番地だ。

      女性部活動に身が入る余り、本来業務に支障が出たのでは本末転倒になる。

       

      今回の当商工会女性部の発表者が、県大会、関東大会と勝ち抜き、

      全国大会まで進むとなると、大幅に時間を割くことになり、

      主張発表の主旨と相反することになるのではないかと心配している。

      | shwusr | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 07:54 | - | - | - | - |
        Comment








        Trackback

        PR

        Calendar

           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

        Profile

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode