Page: 1/1   
主張発表
0

    青年部と女性部には、毎年、都道府県大会、全国の各ブロック大会、全国大会

    という段階を踏む主張発表大会がある。

    今年は、当会女性部の古島麻生子さんが、県大会で優勝し、

    7月3日に神奈川県で開催された関東ブロック大会に、山梨県代表として出場した。

     

    古島さんは女性税理士で、当会女性部の役員でもある。

    発表の内容は、ごく大まかに言うと、

    半世紀たった女性部活動を原点に返って見直してみようというもの。

     

    女性部は、昨年、組織化50周年の節目を迎えた。

    最近は、コミュニティービジネスや特産品開発など、女性部活動も多岐にわたっている。

    女性部員は、古島さんのように、自らが事業主で、

    自分の代わりがいない経営者の部員が増えている。

     

    女性部の活発な活動を否定するわけではないが、

    女性部活動に熱心なあまり、自身の事業に支障が出たのでは本末転倒だ。

    古島さんの主張は、自己研鑚や社会貢献、情報交換や親睦といった本来の活動を、

    企業のゴーイングコンサーンに擬え、できることを継続して行うことが大切だという主旨。

     

    手元の発表原稿を一瞥もせず、堂々と語りかけるように話す見事な発表に、

    県大会では審査員の理解が得られたが、

    関東1都10県の代表が集まった関東大会では、

    なかなか審査員の理解が得られなかったようだ。

     

    しかし、5年後、10年後まで続いていく活動こそ本当の女性部活動ではないか。

    一過性のブームに乗った打ち上げ花火のような活動は、

    半世紀の女性部活動からみると一瞬に過ぎず、

    根を張ることもなく、いずれ忘れ去られてしまう気がする。

    女性部の役員や部員が変わっても受け継がれていく活動こそ

    本来の女性部活動のような気がする。

     

    「主張」がなければ主張発表ではなく事例発表になる。

    主張発表大会というからには、訴えるものを審査の柱に据えるべきではないか。

     

    古島さんが、大会翌日事務所を訪れ、

    「精一杯できました。思い残すことはありません。いい経験をさせてもらいました。

    応援いただいた皆様によろしくお伝えください」

    と爽やかな笑顔でおっしゃったのがとても印象に残った。

    | shwusr | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    主張発表
    0

      11月29日に女性部の主張発表大会があった。

      当会の役員が中北ブロック代表として出場し、見事に最優秀を獲得、つまり優勝した。

       

      発表者は女性税理士で、過去に消費税講習会の講師にお願いしたときも、

      わかりやすい構成とソフトな語り口で感心したが、

      人選は間違っていなかった。

       

      当日は、練習のときと較べると、随分レベルアップしていた。

      元来、どちらかといえば「かわいらしい」声の持ち主だが、

      発表の際は、声のトーンもいくらか低めで、何より声に張りがあった。

      それに練習時にはなかった身振り手振りが加わり、堂々とした発表振りだった。

       

      発表が終わると同時に、まだ審査もはじまっていないうちから、

      担当職員が「やりましたね。優勝ですね」と駆け寄るほどの出来栄えだった。

       

      女性部員は、発表者のように自らが事業を営むか、

      ご主人など家族の事業に携わり、日々忙しく生活している。

      今回の主張発表は、女性部活動ももちろん大切だが、

      自らの事業を犠牲にしてまで活動に打ち込まず、

      できること、喜んでもらえること、続けられることをしようという

      当会女性部のコンセプトを発表したものだった。

      特別目覚ましい活動をしてそれを発表するのではなく、

      ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)と

      女性部活動の継続性を関連づけた結びがミソだった。

       

      最近、全国的に流行っている女性部のコミュニティービジネスなどの

      活動に一石を投じた感のある発表だったが、

      組織化50周年にあたって原点に返ろうという訴えが、

      審査員の共感を呼んだのかもしれない。

       

      それにしても、見事な主張発表だった。

      久し振りに「痛快」な気分になった。

      県代表となったからには、関東大会も制し、

      全国一に向けてさらに頑張ってもらいたい。

      | shwusr | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      主張発表
      0

        先日掲載した女性部の主張発表大会の、今日は当日。午後には結果が出る。

        当会とすれば、自信を持って送り出す「選りすぐりの精鋭」なので、結果に期待している。

        その大会を前に、先週、最後の練習会を開いた。

         

        原稿を目で追って読むのと、それを口に出して言ってみるのとでは随分違う。

        ご本人の言い回しや、聴く方の感覚などで、

        わかりやすさや訴える力が変わってくる。

         

        練習会では約10分の主張発表を3回繰り返した。

        発表時間は、最初が最も早く、3回目が最もゆっくりだった。

         

        不思議なもので、人間は一般的に「あがる」と早口になる。

        その場雰囲気に慣れないと、どうしても「間」がなくなり、

        先へ先へ進もうとする気持ちが無意識に働くらしい。

        言わなくてはならないこと、言おうと思ったことの半分も言えないことは

        誰しも経験があると思う。

         

        それでも、練習を重ねると、余裕ができるのか、

        抑揚も出てきて、ずっと聴きやすくなる。

        聴く人に訴えようとする意識が出てくれば、必ず伝わるはずだ。

         

        今日の発表者は3人で、そのうちの一人が最優秀となり、

        関東大会へ行くことになる。

        県下の商工会の4ブロックからで一人ずつの代表を出して

        主張発表を競う大会のはずだが、ここ何年かは3人しか出てこないらしい。

         

        関東大会や全国大会があって、大会に参加した部員や職員は、

        「上には上がいる」と同じ感想を言うことが多い。

        それだけ選び抜かれた精鋭が発表の内容や態度などを競う大会となる。

         

        当会の発表者は、自らが事業を営んでいるため、

        練習時間や大会参加の時間が負担にならなければいいと思うが、

        競う相手がいると、ご本人に力が入るのはやむを得ない。

        3番より1番がいいに決まっている。

        | shwusr | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        主張発表
        0

          商工会の青年部と女性部では、毎年、全国で主張発表大会を開いている。

          県大会、関東ブロック大会で、それぞれ最優秀が選ばれ、

          全国大会で8ブロックの代表が最優秀を競い、日本一が決まる。

          本県の女性部でも県内4ブロックから1名ずつの発表者が、

          11月末に開かれる県大会で女性部に関する主張を発表する。

           

          当商工会の属する中北ブロックでは、毎年発表者を持ち回りで決めている。

          本来であれば、中北ブロック大会を開いて、代表を決めるべきだが、

          そうなると、万が一全国大会出場まで進むと、4回の発表と審査が必要となり、

          日程や準備の関係で、各商工会だけでなく、

          事業を営んでいる発表者の女性部員の負担も大きくなることから、

          持ち回りになったと聞いている。

           

          今年は当商工会が主張発表の当番で、

          役員会でまず、主張発表者を決めた。

          選ばれたのは役員を務めている女性税理士で、

          本人も含めて、誰もが適任と思われる人選だった。

           

          女性部は、担当職員も含めて他のどの事業よりも意気込みが凄まじく、

          先日、役員を集めて予行演習が行われた。

          聞くところによると、「さすがは税理士」と思わせる堂々とした発表に、

          練習はその1回きりで、聴衆の役員と職員を魅了し、大いに盛り上がったという。

          後は、応援方法の話し合いや応援グッズの製作に時間を費やしたらしい。

           

          主張の主旨は、女性部の組織化50周年を迎えて、

          原点に返った活動をしようというもの。

           

          社会は女性の活躍を求め、その場や環境を整えようとしているが、

          女性部員には、本来業務である自らの事業があり、これが一丁目1番地だ。

          女性部活動に身が入る余り、本来業務に支障が出たのでは本末転倒になる。

           

          今回の当商工会女性部の発表者が、県大会、関東大会と勝ち抜き、

          全国大会まで進むとなると、大幅に時間を割くことになり、

          主張発表の主旨と相反することになるのではないかと心配している。

          | shwusr | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          PR

          Calendar

             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << August 2018 >>

          Profile

          Search

          Entry

          Comment

          Archives

          Category

          Link

          Feed

          Others

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Mobile

          qrcode