Page: 1/21   >>
蟋蟀在戸
0

    明日10月18日は七十二候のひとつ「蟋蟀在戸」だ。

    といっても「蟋蟀」は、虫らしいことはわかるが、漢検一級でもなければまず読めない。

    これは「きりぎりす」と読むらしい。

    つまり「蟋蟀在戸」は「きりぎりすとにあり」と読み、

    戸口でコオロギのような秋の虫が鳴く頃と言う意味で、今の時期ならではの季節だ。

    なぜコオロギかというと、昔はコオロギのことをキリギリスと呼んだそうだ。

    そういえばそんなことを聞いたことがあったので、ネットで経緯を調べてみた。

     

    平安時代の古今和歌集に

    「秋風に綻びぬらし藤袴つづりさせてふきりぎりす鳴く」

    という歌があって、この「つづりさせ(つづれよ、刺せよ)」というのは、

    実はコオロギの鳴き声らしいのだ。

     

    それが鎌倉から室町時代にかけて、

    キリギリスは、今のバッタに似た緑色の虫を指す呼び名となり、

    コオロギの呼び名が一時消えてしまった時代があったらしい。

     

    その後、コオロギが復活するのは江戸時代で、

    その頃にはそれぞれの虫が今の呼び名となっていたという。

     

    ところが、コオロギとキリギリス以外にも、

    「改名」、いや名前が「逆転」した虫がほかにもいた。

    例えば鈴虫と松虫は平安時代には呼び名が反対で、

    鈴虫を松虫、松虫を鈴虫と呼んでいたといわれている。

    カマキリとトカゲも呼び名が逆だった地域もあるという。

     

    いずれにしても、七二候の蟋蟀はキリギリスと読むが、実はコオロギのことで、

    10月18日頃になると、それが戸口にいるような季節という意味だ。

     

    いよいよ秋が深くなり、すぐ紅葉の季節になる。

    七二候にはそれぞれ「云われ」があり、調べるとおもしろいが、

    読めない漢字にはちょっと閉口するときもある。

    | shwusr | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    挨拶
    0

      通勤に脇道を利用していると、スレ違いでどちらが待って、

      対向車に道を譲ることがよくある。

      なかにはスレ違いできない狭い道が続く箇所もあるから、

      そのときはどちらかが大分手前のスレ違える場所で停まって、対向車を待つことになる。

       

      毎日のことなので、待つ場所はほぼ決まっていて、

      その場所に差し掛かるときには、必ず徐行して対向車の有無を確認する。

      うっかり「大丈夫だろう」などと確認を怠ると、大変なことになる。

        双方が確認せずに突っ込むと、ギリギリの道幅で、両脇のブロック塀などに注意しながら、

       お互いドアミラーを格納し、最徐行でスレ違わなければならない。

       ヘタをすると避けすぎてブロック塀に擦る破目になる。

       どうしてもスレ違いが無理な場合は、結局どちらかがバックして、

       本来のスレ違い場所まで戻るしかなくなる。

      そんな事態になったのでは、折角ショートカットで脇道を利用している意味がなくなる。

       

      それを避けるために、手前で停まって待つことが何回かあるが、

      最近、相手が停まって待っていてくれたことに対してお礼をするドライバーが減った。

       

      お礼の仕方はいろいろあるが、一般的なのは「サンキュークラクション」だ。

      「ブッ」と短くクラクションを鳴らして待っていてくれた車にお礼するのだが、

      夜間や早朝は周囲の民家に迷惑なので、これも減り気味な気もする。

      片手を挙げるドライバーもいるが、女性ドライバーはお辞儀をする人も多い。

       

      「譲り合い」の精神で、相手に譲って待っていてもらったのに、

      まるで待っているのが当たり前のように一顧だにせず通り過ぎるドライバーが、

      最近増えた気がする。

       

      相手にお礼の気持ちを伝えるというのは、日本の「よき伝統」なので、

      この風習というべきものが廃れていくのは少し寂しい。

      そう思うと、意地でも「ブッ」とするか、手を挙げてお礼したくなる。

       

      そういえば、昨日の朝、例の大型SUVのおばちゃんとスレ違った。

      どちらが先に狭い道に突っ込んでもいいタイミングだったが、

      案の定、おばちゃんはアクセルを吹かして先に突っ込んできた。

      こっちは停まれるスピードだったから、

      広いところで待っていると、おばちゃんがタバコを持った手を挙げてお礼をした。

      ブレーキが付いてないんじゃないかと思うほど停まらないおばちゃんでも、

      お礼だけはするんだ、と思うと、

      普段の横柄な運転を少しだけ許せる気がした。

      | shwusr | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ウィンクの日
      0

        このブログは、できるだけその日その日のタイムリーな話題を

        書くことに努めているつもりだ。

        しかし、ルール違反を承知で書き溜めることもあるから、

        どうしても無理が出てくる。

        そこで重宝しているのがネットの情報で、

        二十四節気や七十二候はその最たるものだ。

         

        しかし、七十二候はほぼ5日置きにくるから、その狭間の日もある。

        今日10月11日は、まさにその狭間だ。

        そこでさらにネットを活用すると、○○記念日というのがある。

        調べると「ウィンクの日」だという。

         

        10月11日の10と11をそれぞれ時計回りに90°回転すると、

        こちらから見て左目は開き、右目は閉じているように見えるということらしい。

        そうる言われると、〇は目を開き、一は瞑っている意味に思えないこともない。

        いっとき顔文字が流行ったが、それに近い感じかもしれない。

         

        ウィンクの日にもそれなりの迷信じみた話がある。

        この日にウィンクすると想いを寄せている人に気持ちが伝わるという。

        また、朝起きたときに、想いを寄せる相手の名前の数だけウィンクすると

        その人に逢えるともいわれているらしい。

        何だか「鰯の頭も信心から」的な話のようだが、

        藁にもすがる思いならひたすら片目をパチパチする様子が頭に浮かんで微笑ましい。

         

        大型台風も去って秋雨前線も弱まり、いよいよ秋が深まってくる。

        商工会の事業なども下半期に入り、9月までにできなかった事業などは、

        年末を控えて本格的な「仕込み」の時期となる。

         

        もし計画した事業などができなかったからといって、

        ウィンクして愛嬌を振りまいて誤魔化しても、誰も理解してはくれない。

        | shwusr | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        鴻雁来
        0

          昨日10月8日は七十二候のひとつ「鴻雁来」だった。

          「こうがんきたる」と読む。

          「雁」はその名のとおりガンのことだが、

          「鴻」は大型の水鳥のことで、オオハクチョウを指すこともあるが、

          単にガンの一種ヒシクイのことをいう場合もあるらしい。

           

          いずれにしても、北に渡っていたガンやカモなどの渡り鳥が

          越冬のために全国各地に渡ってくる頃をという意味だ。

           

          環境省では、毎年「渡り鳥飛来調査」というのをやっている。

          テレビなどで放映される渡り鳥の様子は、こうした調査を参考にしているのだろう。

          そのデータを見ると、何十羽単位ではなく、何羽単位で調査されている。

          NHKの紅白歌合戦で、会場の紅白の数を数えることで脚光を浴びた

          「日本野鳥の会」のメンバーのような人たちが、

          目視で調べているのだろうが、「おおよそ100羽」とはならないことが

          日本人らしいと言えば言えるのかもしれない。

           

          山梨県にはその調査地点はないが、最も近かったのが佐久市にある

          「小諸発電所第一調整池」、いわゆる「小諸ダム」だった。

          「だった」と書いたのは、今年の4月を最後に、このダムでの定点観測は終了した。

          その理由は飛来数が減ったためらしい。

          最盛期にはカルガモやマガモを中心に1,000羽を超えていた飛来数が、

          30羽ほどに激減した。

          居心地のいい越冬地が他に見つかったのかもしれない。

           

          先月、栃木と茨城でインフルエンザによる学級閉鎖がニュースになった。

          もうインフルエンザが流行っているのかと驚くと同時に、

          飛来が始まっている渡り鳥による鳥インフルエンザのことが頭をよぎった。

           

          しかし、心配には及ばない。

          鳥インフルエンザは、感染した鳥にかなり濃厚な接触をしない限りまずうつらない。

          現在確認されている鳥インフルエンザは、H5N1型とH7N9型の2つで、

          前者は中国、インド、東南アジアや中近東とアフリカの一部で発生しているが、

          日本には「飛来」していない。

          後者のH7N9型の感染地域は中国のみで、他国には感染の報告はなく、

          ヒトからヒトへの感染の広がりはない。

           

          それでも、厚労省は念には念を入れ、死んだ鳥などに触れないように警告している。

          そう思うと「鴻雁来」ものんびり見ているとチコちゃんに叱られそうだが、

          カモの姿を見て季節の移ろいを感じる頃ではある。

          | shwusr | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          新元号
          0

            昨日、改元について書いたが、今日は、それらを考慮して、

            勝手に新元号を予想してみたい。

             

            予想にあたって考慮すべきことは、

            1. 過去には使用されていない。
            2. 頭文字がM、T、S、H以外。
            3. 主に小学校で習う常用漢字を使った2文字。
            4. 今の世相を反映して、大方が馴染めるもの。

            などだろうか。

             

            最近の改元について調べてみると、

            どうも学者がそれぞれ案を出し、採用されるのはひとつだが、

            未採用となった中から、それ以降の新元号が選ばれていることもあるらしい。

            「平成」も実は幕末の「慶応」が採用されたときの未採用のなかにあったらしい。

             

            そう考えると、未採用元号をあたれば予想の確実性が高くなるようだが、

            それではカンニングのようだし、ちっともおもしろくない。

             

            そこで、このブログでは、頭文字に着目して、そこから予想してみたいと思う。

            アルファベット26文字のうち、前述の4つは除き、

            かつO(オー)やQ、気覆匹諒兇蕕錣靴い發里筺

            ZやXなど頭文字にはなりにくいもの除いて、頭文字としての候補を選ぶと、

            A、F、G、Kなどが残る。

             

            予想だから、ここからは個人的な好みを中心に漢字を組み合わせて選び、

            理由をこじつけて、勝手に次の候補を選んでみた。

             

             安永(安らかに末永く)、安希(安らかを望む)、安陽(安らかに明るく)

               安統(統べからく安らかに)

             福冶(豊かに治まる)、福修(豊かに治まる)、

            G  元桜(元に返って華やかに)、

            K  恵安(恵を安らかに)、恵治(恵み深く治まる)、健安(健康に安らかに)

             

            考えるといくらでもあるようだが、意外に使えそうな漢字は限定され、

            それぞれに意味があるから選考する際は議論百出の気がする。

            | shwusr | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            改元
            0

              来年の4月で今上天皇は退位され、元号をそのまま名前にして

              平成天皇と呼ばれるようになるようだ。

              現皇太子が新天皇に即位され、改元、つまり元号が改まることになる。

              10月に入ったから改元まであと7カ月を切った。

               

              既に改元に向けた準備は進んでいて、

              何人かの学者から候補が挙げられているかもしれない。

               

              資料を見ると、わが国の元号は、今の平成を含めてこれまで247あったという。

              しかし、そこに使われた字はわずか72字しかないらしい。

              つまり、同じ字が何回も使われて、その組み合わせで元号が作られていたことになる。

               

              これまで使われた漢字を見ると、

              永、元、天が多く、それぞれ29回、27回、27回と使われている。

              このほか、20回以上使われたのは治と応で、後の文字は全てそれ以下だ。

               

              今、改元に向けて新しい元号を予想する向きがある。

              今の世相をそこそこ反映し、かつ大方が馴染んでいけるもの。

              それと過去に使われてないもので、前の元号と混同されないものなど、

              選考にはいくつかの要素があると思われる。

               

              そこで一番注目したいのは、ローマ字表記だ。

              「M T S H」と言えば明治以降の元号の頭文字のローマ字表記だ。

              生年月日など個人を特定する際に用いられているが、

              データとして管理する際は、おそらくこれが使われている。

              同じ標記になる元号を使用すると、システムが大混乱となる。

              おそらくこれらのアルファベットで始まる元号は敬遠されるはずだ。

              そうなると、少し絞られてくる。

               

              まだまだある。使用する感じが常用漢字かどうかだ。

              過去には常用漢字以外も用いられていたようだが、

              今は、小学生でも書ける漢字を用いないと馴染めない。

               

              これらを考え、明日は大胆に、勝手に新元号を予想してみる。(つづく)

              | shwusr | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              蟄虫坏戸
              0

                いよいよ10月に入った。

                平成30年度も残り半年だ。

                 

                今日は、七十二候だと、ちょうど9月28日の「蟄虫坏戸」と

                10月3日の「水始涸」の間にあたる。

                といっても何のことだかわかる人は少ない。

                 

                「蟄虫坏戸」は「むしかくれてとをふさぐ」と読む。

                しかしこれでは読めても意味がよくわからない。

                日本語表現辞書Weblioによると、「『土中に掘った穴をふさぐ』などといった意味」

                とある。寒さを感じた虫たちが越冬に向けて、土の中に入り身を隠し始める頃

                という意味らしい。春の「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」と対になっている。

                昔の人は、虫穴を住居に見立て、「戸を塞ぐ」、「戸を開く」と表現したのだ。

                 

                一方、「水始涸」は「みずはじめてかるる」と読む。

                中国でもこの漢字を使うらしい。

                Weblioによると、「『田畑を干し始める』などといった意味」とある。

                田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃ということか。

                確かに、会館南側の田んぼの稲もたわわに実った稲穂が頭を垂れ、

                度重なる台風や秋雨前線の大雨で、稲が倒れて水没しそうだ。

                ちょうどこの頃には稲も実るので、田んぼの水を抜いて乾かし、

                稲刈りに備える頃ということだろう。

                 

                商工会では、10月になると補助金の遂行状況を県に報告する。

                昨年からは国から認定された経営発達支援計画の伴走型補助金の遂行状況も

                国に報告している。

                県補助金は例年のことで、当初申請も早く、そもそも県補助金が概算払いされないと、

                商工会は立ち行かなくなるところが多いから、補助対象事業も前年度から準備できる。

                しかし、伴走型補助金は、申請は前年度末だが、採択の可否が5月末になる上、

                他の商工会で否決された例も散見されるため、うっかり準備にかかれない。

                勢いアトアトになり、9月末の遂行状況報告では、進捗状況が芳しくない。

                 

                それでもあと半年あるから、部会や委員会を中心とした事業や、

                融資などの業務の合間を縫って、目標達成に向けてスパートするしかない。

                10月はそんな時期になる。

                | shwusr | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                神無月
                0

                  9月のウィークデーは今日で終わり。来週からは10月だ。

                  9月は1日が土曜日、29日、30日が土日だから、

                  勤務日数は20日のはずだが、敬老の日と秋分の日の祝日が2日あるから、

                  実勤務日数は18日しかない。

                  今日はその貴重な9月の最後の出勤日だ。

                   

                  来週から神無月だが、名前の由来は諸説あり、

                  出雲大社に全国の神々が集まって話し合うため、

                  出雲以外には神がいなくなるから神無月で、出雲大社のある島根では神在月という、

                  などという説がまことしやかに流れているが、

                  どうもこれは中世以降のこじつけという話もある。

                   

                  神無月の「無」は連体助詞の「な」で、「の」にあたる、という説もあるらしい。

                  つまり、「神の月」だ。これもしっくりくる。

                   

                  しかし、お隣長野県の諏訪大社の諏訪明神があまりにも大柄だったことから、

                  出雲に集まった神々が気を遣って、諏訪明神は出雲に出向かずとも良いことになり、

                  諏訪の辺りでは、10月を神在月とされているというから、

                  本当のところはよくわからない。

                   

                  おもしろいのは、10月に神社に行っても神が留守では都合が悪いから、

                  留守番の神を置くようになり、それが恵比須神で、

                  だから10月に恵比寿講祭りが行われるという話まである。

                  そこまで行くとこじつけの匂いがプンプンするが、

                  神無月の呼び名には曰くがあることは間違いない。

                   

                  しかし、10月は収穫祭の時期で、各地でお祭りが盛んだ。

                  当町のふるさとふれあい祭りも10月7日に開催されるが、

                  神事のある収穫祭は、一体誰に拝礼しているんだろうか、

                  などと考えてしまう。

                   

                  いずれにしても来週からは神無月で、

                  ふれあい祭りまで1週間ということになるのは確かだ。

                  | shwusr | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  災害列島
                  0

                    9月6日の未明に起きた北海道の地震は、その恐さを見せつけた。

                    世に中の恐いものの順番が、

                    地震、雷、火事、おやじの順番だというのも、映像を見ると頷ける。

                    ここのところ西日本豪雨や相次ぐ台風に、今度は震度7の地震と、まさに災害列島だ。

                     

                    北海道の内浦湾は、もともと噴火出てきた噴火湾だと聞いたことがある。

                    そういえば震源地の厚真町は、苫小牧の東側にあり、湾まで10劼曚匹竜離だ。

                     

                    それにしても震度7は熊本地震でも記録されたが、

                    東日本大震災に匹敵するか、それ以上だ。

                     

                    震度7を出せる地震体験車というのに乗ったことがある。

                    震度5でも相当な揺れで、イスに座っていたが、

                    震度5の表示になると、思わず机の端をつかんでしまった。

                     

                    それが瞬間的だが震度7になると、

                    自分の体がイスから落ちないように踏ん張るのが精一杯で、

                    とても机の下に入るとか、ヘルメットをかぶるとか、食器戸棚から離れる

                    などという余裕はなかった。

                     

                    「今から震度7になります」とアナウンスされて、準備をしていてもそんな具合だから、

                    突然の激しい揺れに見舞われた被災者は狼狽するばかりではなかったろうか。

                     

                    ある友人がこんなことを言っていたのを思い出した。

                    「自転しているのだから地球は動いている。

                    今立っている地面もマッハに近いスピードで動いているから、

                    そもそも地面は動くものだと深層心理にあれば慌てない」

                     

                    その友人は、確かに地面や地中を相手に仕事をしていたから、

                    そんなことを考えていたのかもしれないが、素人が地球の自転を意識することは、まずない。

                     

                    そんな深層心理は持てなくても、準備はできる。

                    当会でも一昨年、危機管理マニュアルを策定した。

                    役員や職員が変わる度に見直してはいるが、

                    年に数回はマニュアルを皆で確認した方がいいと思った。

                    | shwusr | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    秋の彼岸
                    0

                      一昨日、9月23日は秋分の日だった。

                      24日の振替休日が入ったから、少し間延びした感じだが、

                      秋の彼岸の中日で、お墓参りの「最盛期」だ。

                      いよいよ昼より夜の方が長くなった。

                       

                      そういえば、随分日が短くなった。

                      朝も日の出は5時半過ぎだし、日の入りは5時台で、

                      終業時間の5時15分にはもう薄暗い。

                       

                      秋の彼岸は、秋分の日を中日に、前後3日間とするのが一般的。

                      秋の彼岸は、先祖を供養する習慣からすると、

                      お盆からわずか1カ月ちょっとだから、毎月供養している感じになる。

                       

                      しかし、そもそも彼岸とは何だろう。少し調べてみた。

                      仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸」という。

                      つまりあちらの世界だ。

                      一方、その反対側の世界を「此岸(しがん)」という。

                      こちらは現世、迷いや煩悩に満ちた世界ということになる。

                      仏教では、彼岸は西に、此岸は東にあるとされ、

                      太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、

                      彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになったのだという。

                      秋分の日はあちらの世界が近くにあるという教えだ。

                       

                      そんな彼岸というと、

                      「暑さ寒さも彼岸まで」

                      ということばを思い出す。

                      確かに猛暑は去った。

                      しかし、湿度の高い日にはまだ多少の蒸し暑さも感じる。

                       

                      彼岸を過ぎると、秋も本格的になる。

                      四季のある日本を「いいなぁ」と思うときでもある。

                      | shwusr | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode