Page: 1/2   >>
アメさんどこ行った?
0

    8月に入ったというのに、ホップの緑のカーテンが青々と茂っている。

    緑カーテンだから青々としていて当たり前なのだが、

    去年、一昨年のようなアメリカシロヒトリの被害がないのがビックリだ。

     

    去年は、10本近く植えたホップのうち、一番伸びて

    庇のように2階の窓の下から外側に突き出したところが最も被害を受けた。

    アメリカシロヒトリの幼虫が卵から孵化して葉を食べ始めると、

    柑橘系のような鼻につく独特の匂いがする。

    食べる葉の種類によって多少の匂いの違いはあるかもしれないが、

    その数と食欲で、周辺の葉はたちまち枯れてしまう。

     

    ことしは、アメリカシロヒトリが孵化した様子がまったくない。

    日本の気候だと、7月と9月の年2回孵化すると言われているが、

    7月に孵化した様子がないのだ。

     

    まさか去年のキンチョール作戦が功を奏したとも思えない。

    考えてみると、7月の孵化の時期は、ちょうど酷暑と重なった。

    盆地は連日38℃超えのうだるような暑い日が続き、蚊さえいなくなった。

    これがアメリカシロヒトリの孵化に影響したのだろうかと

    勝手な解釈をしてみたが、どうもよくわからない。

    ただ、7月に孵化して成虫になったシロヒトリがほとんどいなければ、

    9月も数は少ないはずだ。

     

    しかし、油断大敵。

    一度に数百個の卵を産むし、卵で越冬もする強かな奴だから、

    気が付くと何十枚というホップの葉が食べられていることが何度もあった。

    注意を怠らずにホップの成長を見守ることにしようと思う。

    | shwusr | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    まばら
    0

      会館南側のホップが伸びてきた。

      勢いのいい株からは、もう3mを超える芽がいくつ伸びていて、

      その窓はすっかり緑のカーテンが出来上がった。

       

      ここのところ毎朝、ホップに自動散水器で水を遣る。

      自動といっても、単にホースに千枚通しで点々と穴をあけただけの単純な装置だが、

      それでも蛇口をひねるだけで散水できるのは助かる。

      ホップの植えられている所は、会館の外壁と隣地の水田との境のフェンスの間で、

      幅80cmほどしかなく、しかもエアコンの室外機が2箇所あるため、

      これを乗り越えながらジョウロで水を遣るのは至難の業だ。

       

      ホップは18mほど植えられていて、その株も最初は10本ほどあった。

      しかし、何年か経つとどうしても翌年芽の出てこない株もあり、

      翌年になると「成績」の差がはっきりしてくる。

      今年は、既に3m以上伸びているところもあれば、

      1mほどの弱々しい芽しかないところもあり、

      今のところ「まばら」なカーテンだ。

       

      数日おきに芽を誘引するのだが、まだ伸びが足りずにネットまで届かないものもある。

      ここ1カ月がある意味勝負だが、

      ことしの春に勢いのいいホップから切り取って植え替えた株からは、

      やはり細い芽しか伸びてこない。

       

      ホップの緑のカーテンのいいところはゴーヤのように毎年植える必要がなく、

      一度植えると、翌年またそこから目が出てくるところだが、

      もうひとついいところがある。

      それは、芽の先を欠くと、そこから二股に分かれて新しい芽が伸びるところで、

      2が4、8と広がって伸びるのが特徴だ。

       

      その特徴を活かし、まばらな緑のカーテンを何とか薄いレース程度にはしようと、

      狭い花壇に入っては悪戦苦闘しているが、窓の外のホップを見るたびに、

      真夏の陽射しが強くなる前に、カーテンの機能が発揮できるようにと考えている。

      | shwusr | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      移植
      0

        移植というと、テレビドラマなどでよく聴く生体肝移植とかを思い浮かべるが、

        そんな難しいことをこのブログで書くはずがない。

        移植といっても、緑のカーテンとなるホップのことで、4月末にそれを移植した。

         

        会館南側の花壇にホップを植えたのは、もう4〜5年前になる。

        それまでは時期になるとゴーヤを毎年植えてたのを、

        ホップは多年生で植え替えが必要ないというのと、

        ある団体がホップの緑のカーテンを2〜3年で止めてしまったというのを聞き、

        それなら当会がやってみようと始めた。

         

        しかし、同じような大きさの苗を植えたはずなのに、

        ここのところホップの「成績」にバラツキが出始めた。

        一番東のホップは伸びも早く、カーテンどころかまるで緞帳のように伸びて蔓延る。

        しかし、職員が机を並べている西側が特に伸びが悪かった。

        それがついに今年は芽が出てこない様子で、これではカーテンにはならない。

         

        そこで、移植の時期は既に過ぎている気もしたが、

        「ダメ元」と思い、伸びのいい東側のホップを移植することにした。

        15cmほど伸びた芽を根ごと掘って、芽の出てこない3カ所に移植してみた。

        水はたっぷり撒いたが、最初は芽や葉も萎れ、失敗かと思った。

        それでもホップの生命力に期待し、ペレット状の油カスを撒いて数日すると、

        萎れていたホップの茎が3カ所とも立ち上がった。

        移植成功だ、と思う。

         

        まだ2週間ほどで経過観察が必要だが、

        移植した苗が根から水を吸っていることは間違いない。

        あとは、どれだけ蔓延るかが問題だが、今年はダメでも来年がある。

         

        先日、県の連合会から人事評価のフィードバックがあった。

        待遇にも反映される厳しい評価制度だが、各職員に評価がフィードバックされるのは、

        今年が初めてだ。

        いろいろな考え方があるとは思うが、23商工会と県連の評価の基準統一は難しい。

        しかし、明日につながる評価とフィードバックの仕方でないと意味がない。

        制度自体がまだ成熟しているとは言い難く、

        評価を待遇にまで反映するのは時期尚早の気もする。

         

        強引なこじつけだが、人を育てるのも、そのときだけで判断せず、

        将来に期待する考え方がないと、伸びて行かないような気がする。

        ホップは移植して、もし失敗してもダメ元で済む。

        しかし、職員は移植にばかり頼るわけにはいかない。

        | shwusr | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        緑のカーテン2018
        0

          先週、会館東南側の緑カーテン用の花壇の草取りをした。

          既にホップは芽を出していたが、生い茂った雑草の下で、

          申し訳なさそうに小さな葉を広げようとしていた。

           

          作業的には2人で約1時間。

          それでもゴミ袋6つが雑草でいっぱいになるほどの量だった。

           

          花壇には10年近く前に、今の工業部会長に、トラック3台分の山土を入れて頂いた。

          栄養豊富な土でホップにはもってこいだが、雑草もよく育つ。

          去年までは、ヤブガラシという、竹藪まで枯らしてしまうといわれるほど繁殖力の強い

          地下茎で増える雑草が多かった。

          このヤブガラシが厄介で、芽が出たばかりだとホップと見分けがつかない。

          ホップも同じように地下茎で伸びるから、うっかりするとヤブガラシではなく、

          ホップの根を抜いてしまうことになる。

           

          ところが、今年はヤブガラシよりノビルが繁殖していて、

          一度抜いたくらいでは、地中に残った球根からまたのびる。

          まさに「ノビル」とはよく言ったものだ。

          手ガンナで掘って球根も掘り出すのだが、少しでも残すとまた芽を出してのびる。

          「いたちごっこ」だ。

           

          これからホップもどんどん伸びてくる。

          総代会前の忙しい時期だが、どこかで時間を見つけてネットを張らないと、

          蔓性でしかも茎に少し張り付きやすい毛が生えているから、

          塀や単管パイプに絡みついてしまうと始末が悪い。

           

          ネットを張って、ホップを誘引する頃になると、今度はアメリカシロヒトリ対策だ。

          考えてみると、緑カーテンも結構手間がかかる。

          仕事と同じだ。

          手間を惜しむといい結果が得らないことが多い。

          手間をかければ手間をかけただけ、ホップも応えてくれる。

          そう思いながら、地道に雑草と格闘する日々が始まった。

           

          | shwusr | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          草取り
          0

            ここのところ、急に暖かくなり、木々の芽が一気に膨らんできた。

            会館南側の緑のカーテン用のホップもそろそろ芽吹いているはずだが、

            花壇が一面雑草で覆われ、確認すらできなかった。

             

            商工会は、2月に入ると決算・確定申告の指導で、

            ほぼ1カ月は身動きがとれない。

            花壇の草も気にはなっていたが、仕方なく伸びるに任せていた。

             

            先週末、人事交流に伴う机の配置換えと併せて、

            ようやくホップの花壇の草取りの段になった。

            1時間程度で終わるだろうとタカをくくっていたら、

            ノビルやアザミなど、地中深く根を張った草が多く、

            来客などの「合いの手」が入ったりで、すっかり草を取りきるまで、

            結局2時間以上かかってしまった。

            雑草は、70ℓのごみ袋に5つもあった。

             

            雑草を除くと、もう気の早いホップは芽吹くどころか2cmほどの葉を数枚つけていて、

            邪魔者がなくなったと一気に伸びるに違いない。

             

            緑のカーテンも、ゴーヤからスタートし、ホップに変えてからでも、もう5〜6年は経つ。

            多年生のホップは、地下茎で冬を越し、毎年春になると芽吹いてくるから、

            1年生のゴーヤのような毎年の植込み作業がいらない分手間がかからない。

            それでも雑草の方が伸びは早いから、草取りの手間だけは変わらない。

             

            おまけに、ホップの葉がアメリカシロヒトリの好物とは知らなかったから、

            毎年幼虫と戦わなければならない。

            去年あれほど大発生したのだから、越冬したシブトイ奴が

            葉の伸びる頃を見計らって憑りついてくるのは覚悟しなければならない。

             

            5月頃にはネットを張り、若芽を誘引しながら、

            伸びて巻き付いてくるのを楽しみに待つしかない。

            生き物の世話は手が抜けない。

            それでも一度始めた緑のカーテンだから、できるだけ遮光の機能を発揮できるよう

            雑草を取りながら、あれこれ考えてみた。

            | shwusr | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            緑のカーテン撤去
            0

              先週、ついにホップの緑のカーテンを撤去した。

              予定を立てているうちに、梯子を借りる先の都合で、その日に急遽「明日」と決まった。

              それまで、隣の田んぼの稲刈りが遅れ、

              さらに天日干しの最中、台風が来たり、雨が続いたりで、

              田んぼが泥んこ状態で、梯子をかけることができなかった。

               

              ようやく撤去となったが、当日まだ悩んでいた。

              カーテン用のネットは、まだ半年しか使っておらず、しっかりしている。

              しかし、来年も使おうと思うと、

              蔓状に絡みついたホップを丹念にネットから外す必要がある。

              ネットをはずし始めてもまだ迷っていたが、一間ほど外してあきらめた。

              重いのである。

               

              せいぜい直径数ミリのホップの蔓が、

              カーテンになるほど絡み合って蔓延(はびこ)ると意外な重さになる。

              全部をはずして、徐々に丸めていったとしても、

              とてもそのまま田んぼの中を移動するのは不可能だと思われた。

              あきらめて、全長20m近いネットを3カ所ほど縦に切り、

              分割した上で、ホップの実や葉が落ちて田んぼに散乱しないように、

              敷いたブルーシートごと丸めて縛った。

               

              ありがたいことに、枯れた頃を見計らって、梯子の提供ばかりか、

              見るに見かねてお手伝いいただいた副会長が、

              畑の草などと一緒に燃やしてくれるという。

              これで緑のカーテンも一件落着となった。

               

              しかし、来年に向けての課題がいくつかある。

              まず、意外に蔓延らない西側に新たに苗を植えた方がいいのか。

              カーテンにしては隙間が空きすぎる。

              もうひとつは、あの憎っくきアメリカシロヒトリである。

              どうも秋に甚大な被害をもたらした後、蛹で越冬するらしい。

              そうなるとネットごと焼却するのは、退治には最善策かもしれない。

               

              来年こそは、「機能的」かつ「効果的」な緑のカーテンにしたいものである。

              | shwusr | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              緑カーテンの撤去
              0

                10月に緑カーテンの撤去について書いたが、

                まだ悩んでいる。

                会館南側のホップの緑のカーテンは、春先と秋口、

                2度にわたって、アメリカシロヒトリの被害を受けたことも前に書いた。

                甚大な被害に思えたが、まだホップには葉が青々と残っている。

                 

                一部茶色になっている箇所もあるが、

                そこはほとんどが被害に遭ったところで、

                ざっと7割以上はまだカーテンとして機能している。

                 

                そんなホップの緑のカーテンだが、

                隣の田んぼも、稲刈り、天日干し、脱穀と今年の作業はほぼ一段落した。

                雨でぬかるんでいた田んぼの土も乾いて、梯子をかけてもいい固さになり、

                いよいよカーテンの撤去作業の日とその方法を決めなければならない。

                 

                作業日は、職員の業務の都合を優先するが、問題は撤去の方法だ。

                方法は2つある。

                といっても、要はネットを再利用するかどうかで、

                これまでは、作業時間も考えてネットをカッターなどで細かく切り刻み、

                小さな塊にして燃えるゴミに出していた。

                これだと作業は1時間もかからない。

                 

                しかし、経費節減の折から、まだ使えるネットを切って捨ててしまうのは、

                あまりに「もったいない」。

                そこで、絡んだホップの蔓を丁寧にはずし、来年また利用する方法があるが、

                これだと、はずすのに1〜2時間、ネットに巻き付いたホップの蔓をはずすのには、

                半日位かかりそうだ。

                 

                これから職員に諮ってみるつもりだが、

                「切っちゃいましょう」と言わることは目に見えている。

                しかし、例え一人でコツコツやることになったとしても、

                やはり再利用すべきではないかと思ったりもして、悩んでいるところである。

                | shwusr | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                緑のカーテンの撤去
                0

                  会館南側の田んぼの稲刈りも終わり、

                  馬と言われる物干しのような竿に刈り取られた稲が天日干しされている。

                  最近の雨続きで、干すというより

                  吸った雨を乾かすのが精一杯にも見えるが、

                  田んぼもまだ水がはけずにぬかるんでいる。

                   

                  田んぼと会館の間のホップの緑のカーテンも、

                  葉の緑が少しくすみ、もう撤去の時期を迎えている。

                   

                  撤去するには、隣の田んぼにお邪魔して、

                  壁に向けて長い梯子をかけないとカーテンのネットが外せない。

                  しかし、雨続きで田んぼは湿地帯のように水が浮き、

                  とても梯子をかけるどころか、

                  長靴でもズブズブとはまってしまいそうな状態だ。

                  しばらくは、天日干しの稲と一緒に晴れて乾くのを待つしかない。

                   

                  撤去するには、2つの方法がある。

                  何年か前までは、骨組みから丁寧にネットを外し、

                  さらに絡みついたホップやゴーヤの蔓を丹念に手で取っていた。

                  しかし、これには大変な手間がかかる。

                  全長18mのネットをきれいにするには、数人でも半日かかる。

                  勤務時間中だから、仕事にも支障が出ることがある。

                  そこで、昨年からは、ネットに絡みついた蔓ごと切り刻み、

                  燃えるゴミとして廃棄している。

                   

                  「もったいない」とは思うが、本来業務への影響は、

                  極力避けなければならない。

                   

                  周りの木々も色づきはじめ、

                  お天気と田んぼの状態を見ながら、緑のカーテンを撤去する時期になった。

                  | shwusr | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  秋雨前線
                  0

                    今週は日曜からずっと雨が続く。

                    秋雨前線が本州の南に停滞しているそうだ。

                    気温も一気に下がり、最低気温は10℃前後まで落ち込みそうだ。

                    晩秋のような体温も奪われそうな冷たい雨ではないが、

                    まさに一雨ごとに寒さが近づいている。

                     

                    そんな雨のなか、会館の隣家の屋根にスズメが群がって鳴いている。

                    まさか一斉に南へ向けて渡っていくわけでもあるまいし、

                    それでもチィー、チィーと鳴き声が喧しい。

                     

                    スズメは留鳥といって日本で越冬する。

                    春になると卵を産んで、孵った雛に親鳥がせっせとエサを運んで育て、

                    巣立った雛と一緒に北から南に国内を渡ることはあるが、

                    ツバメや白鳥のような国を跨いで移動する渡り鳥ではない。

                     

                    つい最近まで、スズメたちは、

                    会館のホップの緑のカーテンを食い尽くす勢いだったアメリカシロヒトリに

                    群がって啄んでいた。

                    実った米をチョンチョン啄む、稲作農家には害鳥だが、

                    商工会館にとっては、害虫を退治してくれる益鳥だ。

                     

                    ことしのアメリカシロヒトリの被害を見るたび、

                    来年もまたホップを育てようか、それとも他の植物に植え替えようか、

                    悩むことがあるが、スズメは心強い味方だ。

                     

                    秋雨が降る頃になると、商工会の事業も本格化する。

                    特にことしは伴走型支援補助事業がこれから佳境になる。

                    スズメの声も耳に入らなくなるほど忙しくなる

                    | shwusr | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    アメリカシロヒトリ再々来襲
                    0

                      2階の研修室まで届いたホップを襲ったアメリカシロヒトリの卵は、

                      少なくとも4カ所に産み付けられ、そこで孵って幼虫になった。

                      幼虫の食欲は旺盛だ。

                      気が付いたときには、窓から見下ろせるほぼ全面の葉は

                      ことごとく食い荒らされ、葉脈を残したレースのカーテンになっていた。

                       

                      慌てて窓から身を乗り出してキンチョールを吹きかけたが、

                      風で流されて思うように幼虫にかからない。

                      下には刈り入れを待つ稲穂が波打っていて、

                      これ以上のキンチョール攻撃はためらわれた。

                       

                      万事窮すかと思われ、あきらめつつ窓から遠ざかると、

                      それを待っていたかのようにスズメが数羽寄ってきた。

                      そぉっと見守っていると、どうも幼虫を啄んでいる。

                      先々週、スズメの大群が来襲したのは、実った稲穂が狙いではなく、

                      このアメリカシロヒトリをエサとして狙ってきたものらしい。

                       

                      しばらくして窓から下を見ると、

                      固まってホップを食べていた幼虫の姿がほとんど見られない。

                      捨てる神あれば貰う神ありか。

                      かくして、苦戦していたアメリカシロヒトリ戦は、

                      思わぬ援軍により、戦況が好転した。

                       

                      とはいっても、レースとなったホップの葉が緑に戻るわけもない。

                      憎らしいアメリカシロヒトリの被害は、

                      キンチョール攻撃に満足した油断が招いたものだ。

                      来年こそは、被害を最小限に食い止めるべく、

                      レースのカーテンを見ながら肝に命じた。

                      | shwusr | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode