Page: 1/5   >>
人事評価目標
0

    商工会では、職員の人事評価を、制度を作って行っている。

    確か平成17年度が最初だったと記憶しているので、既に14年目になる。

     

    商工会の人事評価の仕組みは、簡単に言うと、自己目標を評価者が評価する方式。

    まず年間の目標を各職員自らが作成し、

    これを評価者である会長や事務局長と面談、協議して年間の目標が決まる。

    この年間の実績を自らが自己評価して提出する。

    評価は5段階で、それぞれ点数化される。

     

    これを一次評価者の事務局長が評価、さらに最終評価者である会長が評価を決定する。

    それを県連合会に提出するのだが、ここからが商工会の厄介なところで、

    そもそも最終評価者は、各商工会長と県連会長の24人いるから、

    当然評価(点数)に偏りやバラツキがでる。

    これを県連合会が「あま」、「から」の調整を行って最終的なその職員の評価が確定する。

    もちろん、こうした方式にベストはなく、ベターしかない。

     

    それでもよりベターを目指して、この14年の間に少しずつ改良か加えられ、

    今年度から県下統一目標も評価項目に加わった。

    できるだけ「同じ物差し」で測ろうとする意図だと思うが、

    統一目標の設定基準にもうひと工夫すれば、悪いことではない。

     

    評価項目は、情報収集力、業務遂行力といった「能力評価」と、

    規律性、責任性などの「勤務態度評価」、

    担当業務の遂行度を定数的に評価する「貢献度評価」

    加点の材料となる「組織協力度」の評価がある。

    細かい項目を全部数えてみると、16項目あるので、

    人事評価目標の作成自体がひと仕事だ。

     

     

    今週初めにその人事評価目標が各職員から提出され、

    週末までには会長との面談が予定されている。

    まだ当会の中長期目標などの組織目標との整合性が不十分だが、

    職員のチャレンジする姿勢の広葉や

    モチベーションの醸成に、この制度果たす役割は大きい。

     

    後は評価結果をどうフィードバックするかが課題だ。

    「評価のための評価」と揶揄されないためにも、

    職員の業務改善や意欲の喚起につながるフィードバックの方法を考えなければならない。

    | shwusr | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    商工会の日
    0

      昨日6月10日は、商工会の日だった。

      1960年、昭和35年に商工会法が施行された日だ。

       

      商工会の歴史は法施行前にもあったが、

      そのほとんどは商店街組合など任意団体を母体としたもので、

      法制化で初めて市民権を得たと言える。

       

      一方、商工会議所の歴史は古く、明治11年には東京、大阪、神戸に、

      商法会議所として設立されたのが始まり。

       

      「商工会と商工会議所の違いは」

      と聞かれることがあるが、

      「都市部や大きい市には商工会議所があり、商工会は町村部にある」

      と答えることにしている。

       

      細かく違いを説明するといろいろある。

      まず、商工会議所には、商工会のような組織率50%の規定はない。

      その代わり、特定商工業者という一定規模以上の商工業者の登録と経費負担が必要で、

      これは会員の枠を越えて必要とされている。

       

      また、意思決定の方法が少し違う。

      商工会の最高意思決定機関は、総会や総代会で、

      会員は規模の大小に関係なく、それぞれ平等に1票の権利をもつ。

      一方、商工会議所は、選挙で選任された議員による議員総会で意思決定を行うが、

      議員選挙は会費1口当たり1票の権利をもつ。

      つまり、会費の口数が多い方が票数も多くなる仕組みだ。

       

      商工会の日の表題なのに、話が脱線したが、

      昔は商工会の日には駅頭で女性部が花の種を配ったり、

      幹線道路の歩道に花を植えたプランターを置いたりして、商工会のPRにも努めた。

      今は、こうした行事もなくなったが、商工会の認知度が上がった証かもしれない。

      青年部では、東日本大震災を契機に、商工会の日の前後に、

      「絆運動」として、地域貢献活動を続けており、

      これは地域への感謝の気持ちを表す行事として定着しつつある。

      | shwusr | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      政治連盟
      0

        商工会には、政治連盟という組織が別にある。

        正確には、商工会とは一線を画した政治団体で、職員がかかわることはないが、

        役員、会員を中心とした、全国組織で、組織内候補として参議院議員3名を抱えている。

         

        知らない人は「エッ」と思うかもしれないが、

        全国商工会青年部連合会長を務めた熊本選挙区選出の松村祥史議員、

        岐阜選挙区選出で、岐阜県商工会青年部連合会長を務めた渡辺猛之議員、

        松村議員と同じく全青連会長を務めた比例区選出で石川県の宮本周司議員の3人だ。

         

        3人とも青年部で地域や全国の活動を行い、

        その活動のなかで政治活動の必要性を感じたのかもしれない。

         

        平成26年の小規模企業振興基本法の成立は、

        地方にあって、地域を支えている小さな企業に光を当てる施策の必要性を、

        参議院議員の立場で粘り強く主張し続けてきた3人の議員の大きな功績だ。

         

        今、小規模事業者持続化補助金という形で、全国の小規模事業者が

        販路開拓や店舗改装、売上増加の取り組みなどで成果を挙げているのは、

        3人の参議院議員の尽力によるところが大きい。

         

        当商工会でも、既に延べ71の事業所がこの補助金の交付を受け、

        なかには売上が増加して、あきらめかけていた長男の事業承継という形で

        結実させた事業所もある。

         

        当商工会のささやかな自慢は、この補助金の採択率が高いこと。

        平成25年度の国の補正予算で始まり、平成26年度は第3次募集まであったから、

        既に7回の公募があり、当商工会では毎回、全国、全県平均を上回る採択率を誇っている。

         

        通算8回目の平成29年度補正予算のこの補助金の採択結果の発表がもうすぐだが、

        3人の参議院議員の活動がこの補助金に結び付いていると考えると、

        少しでもこれを活用できるような結果となることを願っている。

        | shwusr | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        視点
        0

          今日、午前中から役員改選後初めての正副会長会議がある。

          当会では、3人の正副のうち2人が変わった。

          初顔合わせではもちろんないが、初めての執行部会議なので、いつもと違う緊張感はある。

           

          正副会長会議を理事会の前に定期的に開催するようになって、

          早いものでもう10年になる。

          当会では、理事会の前に必ず正副で理事会提出議題を協議してもらう。

          それは過去の苦い経験も踏まえて、少なくとも正副会長3人の足並みが揃わないと、

          どんな重要案件でも、軽微な案件でも、理事会で了承されるのは難しいからだ。

           

          それは、正副会長の意向や意見を理事会に提出する原案に反映する意味と、

          もうひとつ、正副会長に対する、いわゆるレクチャーの意味もある。

           

          理事会は、意見があっても1時間程度で終わることが多いが、

          正副会長会議は、これより長い。

          予定時間をオーバーしたり、休憩を挟んで続くこともある。

           

          過去には、正副の意見が対立し、一応、事務局作成の原案で理事会には提出し、

          その場で意見をもらうことになった案件もあった。

          正副3人の視点が違うと、意見が割れることがある。

          それでも、事前に意見が交わされているのと、いないのとでは随分違う。

          確かに結論がひとつしかないものはいいが、答えが複数ある選択肢の多い案件は、

          意見をもらって調整する方が、進めていくときには障害が少ない。

           

          さて、今度の正副会長は、それぞれどんな視点を持っているのか、

          今日の会議は、それを探る場でもある。

          | shwusr | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          登記など
          0

            先週、総代会が終わった。

            総代会が終わると、商工会は、国や県に手続きしなければならないことがたくさんある。

             

            まずは、消費税や法人税など税金の納付だ。

            一般企業と同じように、税法上この2つは免れない。

             

            次に、法務局への登記だ。

            商工会の登記事項は、「組合等登記令」という法律に基づき、

            名称、目的及び業務、事務所の所在地、代表者などを登記しなければならない。

            代表者が変わるときは変更登記、再任されたときは重任登記だ。

             

            県にも申請や報告がある。

            総代会で承認された事業報告や財務諸表はもちろんのこと、

            定款変更は県の認可がないと効力を発しない。

             

            これらの手続きの中には、時間も手間もかかるものがある。

            議事録も作って出席役員の量かいも必要だし、

            新役員の就任承諾書もいただかなければならない。

            期限が決まっているものが多いから、

            総代会が終わって一安心とばかりはいかない。

            結構忙しい。

             

            既に平成30年度の業務や事業は始まっているから、

            その仕込みや準備もある。

             

            それでも、総代会が終わるとホッとする。

            総代会はセレモニー的な催しだが、

            法的には、年1回の最重要事項決定会議だから、決して疎かにはできない。

             

            総代会が終わると、商工会の業務は本格化する。

            | shwusr | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            総代会の出席
            0

              今日は第51回通常総代会が開かれる。

              事務局の担当者は、ここのところその準備に追われた。

              今年は任期3年の役員の改選期にあたり、

              総代会を構成する各支部や部会の総代なども新しく選ばれた。

               

              ここのところ、総代会の本人出席が少ない。

              当会の総代数は、今年から5人増えて110人となったから、

              56人が出席すれば成立する。

              出席者には委任状出席も含まれるが、総代会の場合、委任を受けられるのは1人だけなので、

              仮に出席総代が一人ずつ委任を受けると、28人の出席で総代会は成立する。

              しかし、それでは役員数の33人より少ない出席で総代会が開かれてしまう。

               

              商工会は、3年に1回、県の指導監査を受ける。

              県からは、県下商工会全体で約9億円の補助金を受けているから、

              監査が入るのは当たり前で、会計だけでなく、組織や運営全体も監査される。

              何年か前のその監査の際、総代会の本人出席について指摘を受けた。

               

              総代の本人出席が少ない、少なくとも半数以上が出席するよう努力するべき、

              との指摘だった。

              調べてみると、一昨年の総代の本人出席は52人。

              当時の総代総数は105人だったから半数に1人足りなかった。

              昨年は、残念ながら41人と減り、本人出席率は4割を切った。

               

              今日はどうか。事前に全総代に電話連絡し、総代会の出席を要請したが、

              5十日の金曜日で、無尽や飲み会などが重なる総代もいて、

              果たしてどうか。

               

              総代会の出席者数は、商工会の求心力のバロメーターのひとつとも考えられるから、

              総代会の直前だけ出席をお願いしたのでは、なかなか出席率は向上しない。

              やはり、日々の会員とのつながりを大切にしないと、いい結果にはつながらない。

              | shwusr | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              総代会の準備
              0

                明日はいよいよ総代会だ。

                当会の会館に、一度に最も人が集まる年一回の最大イベントだ。

                昨日、その総代会の役員改選について少し書いたが、

                総代会をイベントと書いたのは、議事だけではなく、

                人が集まってもらう「趣向」があるからで、

                今日は、それらを含めた全体の準備について触れたいと思う。

                 

                総代会は、支部や部会などから選出された総代110名が出席する。

                もちろん全員出席することはまずないが、

                これに、役員、来賓、一般会員などの出席者を加えると、100名前後になる。

                 

                総代会の資料の用意は当然だが、出席者に対する記念品や、来賓への記念品も用意する。

                また、総代会終了後には、懇親パーティーを開くから、

                その料理や飲み物の用意も必要だ。

                さらに、パーティーの中でお楽しみ抽選会も開く。

                これが意外に好評で、魚沼産コシヒカリやガソリン券をはじめ、

                豪華賞品を用意して抽選会を行うから、

                総代会を和気藹々と楽しく締めるのに一役買っている。

                 

                こうした記念品や料理、賞品なども、全て会員事業所に発注している。

                できるだけ偏りのないよう心掛けているが、

                抽選会の商品の中には、出席者が楽しみにしている「定番」もあり、

                「今年はお米は○○さんに当たっちゃったけ」とか、

                「またガソリン券が当たっただけ。いいじゃん」とか、

                中には、賞品の物々交換をする出席者もいて、

                これらの選定も総代会の準備のひとつだ。

                 

                堅いことを言うと、総代会は商工会の最高意思決定機関だが、

                会員組織である以上、仲間意識や帰属意識が必要で、

                ただ、事業や予算を決めるだけの総代会では、組織の求心力を保つのは難しい。

                総代会の議事では緊張感を保ち、全て決まったら出席者全員で祝い、楽しむ。

                組織にはこうしたメリハリが必要だと思う。

                | shwusr | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                意図
                0

                  先週の理事会で、ある理事から質問があった。

                  今回の理事会は、総代会への提出議題を審議頂くことが主な議題だったが、

                  その総代会資料の案には、中長期目標や経営発達支援計画の実績を評価した内容が

                  資料として載っていた。

                  総代会の資料は全会員に配布するので、会員への周知の意味で載せたのだが、

                  その理事の質問は、資料にあるのに、次第に記載がないのはなぜかという趣旨だった。

                   

                  確かに、理事会の議題には、第2次中長期目標と経営発達支援計画の実績を評価が、

                  議題に上がっていた。

                  マネジメント委員会での評価について、理事会で議題とし、了解を得たうえで、

                  総代会資料に載せて会員に周知するという考え方だった。

                  総代会資料に記載するので、敢えて別資料とせず、

                  総代会の提出議題を審議頂く際、併せて説明した。

                  ところがこれが誤解を生んだ。

                   

                  総代会にも資料として載せて、説明するのなら、総代会の次第に載せるべきではないかというのだ。

                  事務局が、理事会用に別資料として提出しなかったことが、誤解の原因だが、

                  理事会資料を作る際、少し議論はした。

                  しかし、別資料となると、A3判の大きい紙で何枚もになるため、少し「端折った」のだ。

                  これがいけなかった。

                   

                  その旨も理事会で説明し、了解はいただいたが、

                  先日、その理事のところにお伺いし、もう一度説明してきた。

                  その理事が言うには、目標も計画も、これだけの資料になるには、

                  1年間、事務局を含めて苦労した結果とその評価だから、

                  マネジメント委員会で、多くの議論が交わされたはずだ。

                  重要なものだと思ったので、総代会でも説明した方がいいのではないかと思った、

                  というのだ。

                   

                  理事会のときとは少しニュアンスが違って、その理事の本意をようやく理解した。

                  確かに、資料を見ただけで、その重要性を理解頂いたのはありがたかったが、

                  残念ながら、総代会では、その内容を理解いだくように説明するには、

                  相当の時間を要することをご理解いただき、

                  報告に留めることにした。

                  意図、真意を知れば、逆の効果を生むこともある。

                  | shwusr | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  マネジメント委員会
                  0

                    当会には、常設の委員会が4つある。

                    組織強化、福利厚生、広報企画の3委員会は、その歴史も古く、

                    主に理事会にかける事業などを検討してきた。

                     

                    組織強化委員会は、会員加入推進要領や共済推進実施要領などを検討し、

                    特に会員加入推進、組織率の向上に大きな成果を挙げてきた。

                     

                    福利厚生委員会は、会員の親睦を図るゴルフ大会、グラウンドゴルフ大会に加え、

                    従業員の福利厚生の充実のための優良従業員表彰など、活発な事業を実施している。

                     

                    広報企画委員会は、最近は特に情報化の推進に力を入れており、

                    会報の発行だけでなく、商工会のホームページのリニューアルに加え、

                    昨年はフェイスブックも立ち上げた。

                     

                    4つ目の委員会が商工会マネジメント委員会で、

                    10年前に設置した比較的新しい委員会だ。

                    この委員会は、商工会の中長期目標の策定を目的に設置し、

                    今年度は、既に第2次の5年間の中長期目標の4年目を迎えている。

                     

                    平成27年の経営発達支援計画の策定にあたり、

                    国は、計画の評価と見直しをする組織を計画に盛り込むことを商工会等に求めた。

                    そこで、この委員会を経営発達支援計画の評価委員会として位置づけ、

                    計画自体も中長期目標と連動させるため、5年の中長期目標が終わる年までに合わせた。

                     

                    中長期目標は、商工会全体の目標で、組織、財政、事業の全てに及ぶ。

                    一方、経営発達支援計画は、小規模事業者の支援に関する計画で、

                    いわば中長期目標の一部に過ぎない。

                    ただ、国の計画認定が必要なことと、

                    計画全体に小規模事業者支援のストーリーがないと認定は難しい。

                    幸い、当会は県下で最初に認定されたが、

                    小規模事業者支援に特化した計画だけに中身の数字も実に細かい。

                     

                    今年度の役員改選で、委員会の構成が変わることも予想されるが、

                    新委員に理解していただくような資料と説明が求められる。

                    | shwusr | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    総代会
                    0

                      昨日、理事会が終わり、25日の総代会提出議案が決定した。

                      今日、再任を含む、新たに支部や部会等で選任された総代に

                      通常総代会の招集通知を発送する。

                      総代会まで2週間、事務局は準備に追われることになる。

                       

                      まず、総代会資料の印刷だが、理事会までに80ページにも及ぶ資料の原稿作成が終わり、

                      もう校正を3回ほど行った。

                      初校、再校、再々校と校正を重ねても、必ず間違いが見つかる。

                       

                      最近は、商工会に限らず、正式な印刷物にする前の原稿は、パソコンで作成することが多い。

                      昔のように手書き原稿だと、印刷会社がそれを印刷原稿にするのに時間がかかったが、

                      今は、WordExcelの原稿をデータのまま印刷会社に渡し、

                      そのまま版を作ってもらって印刷するから、時間もかからないし、

                      金額も随分安くなった。

                      それでも原稿づくりには時間がかかるし、校正も念入りに行う必要がある。

                       

                      総代会の資料が仕上がっても、準備することは山ほどある。

                      支部や部会などから選出された総代の名簿整理も手間がかかる。

                       

                      最近は、住居など生活の拠点は町外にあって、事業所のみが町内という会員が増えた。

                      このため、総代をはじめ、支部の役員の選任に苦慮するところも少なくない。

                      これらの相談に乗ったり、支部に代わって意思確認をしたりと、結構手間がかかる。

                       

                      このほか、当日の来賓と一般の記念品の選定と発注、

                      議長をはじめとする「役」も予め準備が必要だ。

                      総代会が終わると懇親のパーティーもあり、

                      料理や飲み物などの準備も欠かせない。

                      細かいことを言えば、来賓のリボンやパーティーのテーブルクロスなど、

                      数えあげればきりがない。

                       

                      何より、総代会が成立しないことはないが、当日の総代の出席をお願いしないと、

                      県から「本人出席が少ない」と指摘を受ける。

                       

                      それでも年に一回の「一大イベント」なので、入念な準備が必要だ。

                      | shwusr | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode