Page: 1/51   >>
千葉の台風被害
0

    昨日に続いて台風15号による千葉県の被害について。

    昨日の午後の時点でまだ45,000戸以上が停電していた。

    45,000という数字は言うまでもなく大変な数だ。

    昭和町が8,800戸だから、これに、中央市と西八代郡、南巨摩郡全域を加えたよりも

    多い世帯が停電になっているということだ。

    つまり、本県で考えると、甲府盆地の昭和町も含めた南側一帯が10日間も停電で

    不自由な生活を強いられているということになる。

     

    不便というより、懐中電灯やろうそくなど、夜間に明かりを得る手段があるとはいえ、

    停電の状況下では、テレビも見られないし、携帯も満足に充電できないと思われる。

    一次報道がされないという不満もニュースにいたが、

    最近になって連日被災地がニュースになっても、

    当の被災者には映像を見ることができないという皮肉な状況が続いている。

     

    昨日のニュースでは、ブルーシートで屋根を覆わなければならないような

    被災家屋が2万戸を超えているらしいと報道されたが、

    「らしい」というのは、実態が把握できていにないということだ。

     

    こんな報道もあった。

    市町村の職員不足で、被害状況の把握や被災者への情報伝達もままならないというのだ。

    よく聞く「親方日の丸」ということば、公務員を揶揄したことばだが、

    一次公務員の待遇や職員数などがヤリ玉にあがった時期があり、

    それ以降、平成の大合併もあって地方自治体の職員数が大幅に減少した。

     

    被災地の自治体もその例に漏れず、

    必要最低限の職員で行政サービスを維持しているところが多く、

    「いざ鎌倉!」となっても、人がいないのが実情らしい。

     

    縁故採用などで過剰な職員を抱えるのは言語道断だが、

    防災マニュアルはあっても、肝心の時に職員数が足りずにこれが活かせないとしたら、

    まさに「絵に描いた餅」に過ぎない。

     

    長引く千葉の被災のニュースを見ると、いろんなことを考えさせられる。

    | shwusr | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    千葉県の台風被害
    0

      9月9日に千葉県付近に上陸した台風15号は、

      同県を中心に、その暴風雨で大きな被害が出た。

       

      「出た」と過去形だが、まだその被災状況は現在進行形で改善されておらず、

      まだ6万戸以上で停電が続いている。

       

      国は激甚災害の指定に向けた調査を進めているというが、

      そんな法的措置より、電気や水道の復旧が最優先だ。

       

      テレビで見る、房総半島南部の鋸南町周辺映像では、

      家並のほとんどの屋根が、ほぼ一面ブルーシートに覆われている。

      瓦やトタンなど、屋根が強風で被害を受け、雨漏りを防ぐためのブルーシートだが、

      雨の侵入を完璧に防ぐことは難しいようだ。

       

      それにも増して深刻なのは、停電と断水だ。

      この残暑の厳しい季節に、エアコンは使えない、冷蔵庫は使えない、

      おまけにシャワーも使えないでは、生活に大きな支障が出るし、

      ストレスは計り知れない。

       

      本県も昭和34年台風7号と、奇しくも同じ15号だった伊勢湾台風で、

      県政始まって以来の大きな被害を受け、家屋の倒壊や果樹などへの被害をはじめ、

      多くの死傷者が出た。

       

      あの8月と9月の台風は、どちらも旧清水市方面に上陸し、

      そのまま富士川を遡上して山梨県を縦断した。

      あのときの大きな被害を出した2つの台風でさえ、

      最大瞬間風速は40/s前後だ。

       

      今回の台風15号の最大瞬間風速は、千葉市で57.5/s、館山市で48.8/s

      成田市で45.8/sを記録しているから、

      昭和34年の本県を襲った台風を大きく上回る規模だったことがわかる。

      建築基準法も改正され、建物の強度が数段上がっているとはいえ、

      想定外の災害が起こらないとは言い切れない。

      他山の石ではなく、普段からの備えの大切さを思い知らされた。

      | shwusr | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第2期経営発達支援計画
      0

        久し振りのブログだ。

        前回が8月初旬だったと記憶しているので、一カ月以上空いたことになる。

        この一カ月、特に国に申請する2期目の経営発達支援計画の策定で、忙殺された。

        といっても忙殺されたのは担当した課長で、

        最後は数日別室に籠って作り込んだ。

         

        今回の経営発達支援計画は、国のガイドラインが突然改訂され、

        それまでの準備が無になるほど指針が変わった。

         

        その大元は規模企業振興基本法の改正だが、

        経営発達支援計画のガイドラインもこれに伴って改正された。

         

        つい7月までは、今の一期目の経営発達支援計画の実績を踏まえて、

        次の2期目を策定する指針だった。

         

        ところが、新しいガイドラインは、前回の計画を踏まえず、

        全く新しい計画として申請するように変わった。

         

        普通に考えると、一期目も国が認定した計画だから、

        その結果に基づいて新たな計画を策定するのが筋だが、

        法律が変わったから、今実際に動いている経営発達支援計画も見直すことを勧めている。

         

        担当課長は、それまでの準備をチャラにして新たな計画づくりに取り組んだ。

        7つある大項目の一つぐらい受け持とうと持ちかけたが、

        自分で作ってみると断られた。

         

        確かに、7つの項目全体の整合性がとれていないと、計画全体がチグハグになる。

        そういえば、最初の経営発達支援計画を策定したときも、

        ほとんど情報のない手探りのなかで、3日位別室に籠って作った記憶がある。

         

        今日、専門家も交えて申請する計画の細部まで検討する予定だが、

        素案を見る限り、作った担当課長の「想い」が随所に書き込まれており、

        見直す必要がない計画のように思えた。

        | shwusr | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        100%
        0

          一昨日、7月31日に小規模事業者持続化補助金の第1回目の採択結果が発表になった。

          当会から申請した10件は見事全て採択された。

          採択率は100%だ。

          全国の採択率は不明だが、県下の採択率は90%近い。

          それでも当会としては久し振りの100%だ。

          3人の経営指導員が苦労して支援、アドバイスした結果だ。

          来月には2回目の発表となるが、申請した11件の採択結果が楽しみだ。

           

          採択のキーポイントは、もちろん申請した小規模事業者の取り組み内容だが、

          その取り組みを持続化補助金の求める内容に合致するよう修正、支援していくのが、

          経営指導員の力量だ。

           

          今年は、県版の持続化補助金も創設されたため、

          万が一採択されなかった事業者は、この県版に再チャレンジができる。

          しかし、国が不採択とした計画をそのまま提出はできないから、

          持続化補助金の趣旨にもっと近づけるための計画のブラッシュアップは欠かせない。

           

          今回採択された10件のなかにも、もっと違った内容に変更した方が、

          売上アップや取引拡大につながると思われる計画もあったが、

          果たしてそこまでできるのか、そこまでヤル気があるのかが判然とせず、

          申請者の計画を基本的に尊重し、あまり深さや幅広さを求めずに申請したものもあった。

          結果的に採択となったが、採択された計画通りに事業に取り組めば

          全てOKというわけではなく、

          環境変化や取引先の事情などで、見直しを余儀なくされるものも少なくない。

           

          いずれにしても、100%採択となった10事業所は、新たな取り組みを行うことになる。

          目標通りの成果が出ることを祈りたい

          | shwusr | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          葉月
          0

            8月になった。

            気の早い話だが、もう令和元年も残り5カ月だ。

             

            8月の別名は葉月だ。

            8月には、他に、雁来月、穂張り月、萩月、燕去月、月見月などの呼び名もある。

            葉月だから、夏の強い陽射しを浴びて、植物の茎や枝がいっぱいに伸び、

            葉っぱが生い茂る季節という意味だと思ったら、どうもそうではないらしい。

             

            葉月は旧暦の8月のことだから、新暦だと8月下旬から10月上旬にあたる。

            その季節だと木々のなかには、落葉の始まるものもある。

            「落ち葉月」と呼ばれていたものが短縮され、「葉月」となったという説が有力らしい。

             

            では、落葉の早い木にはどんなものがあるのだろう。調べてみた。

            地域によっても、品種によっても多少の差があるが、

            紅葉が早い木の方が落葉も早いと考えると、

            最も早いのがハナミヅキだ。

            夏場には水分が不足しやすく、葉がカラカラになって、

            秋に入ると紅葉が最も早く、落葉を始めるらしい。

             

            意外に紅葉が早いのがサクラで、

            もう色づき始めた気の早い葉も見え、

            落葉も早い。

             

            見事に色づくカエデ類も紅葉が早い方で、落葉も早い。

             

            8月に入った途端紅葉の話題というのもずいぶん気が早い話だが、

            葉月の話題として勘弁してもらいたい。

            | shwusr | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            持続化補助金
            0

              今日は7月の最終日だ。

              ことしの7月は、6月に続いて長梅雨に明け暮れた。

               

              この2カ月、そんなじめじめした天気が続いたが、

              商工会では小規模事業者持続化補助金の申請の支援、事務に追われた。

               

              この補助金も早いものでもう6年目になる。

              小さな企業が売上増加や販路開拓などに取り組む際、

              その費用の3分の2を、最大50万円まで国が補助してくれる。

              当商工会の会員事業所でも、この5年間に既に延べ80社がこの補助金を受け、

              店舗改装やチラシ配布をはじめ、新たなビジネス展開、

              新メニューに必要な冷凍庫の導入など、さまざまな取り組みを行っている。

               

              その持続化補助金の申請が、ことしは6月と7月の2回に分けて行われた。

              これはさまざまな理由が重なってそうなったものだが、

              経営指導員は、じめじめした梅雨の間中、持続化補助金の申請・支援業務に忙殺された。

              といっても、この間、セミナー2回や会員アンケート、創業塾、ゴルフ大会など

              他の事業や融資あっせんも多かったため、日々仕事に追われていた。

               

              お蔭で、ことしは21事業所がこの補助金を申請する予定で、

              採択率はわからないが、採択された事業所は、

              年末までの約4、5カ月、申請した計画に基づく事業に取り組むことになる。

               

              今年は九州が大雨の災害に遭った。

              熊本地震のときもそうだったが、被災地では、災害復興も含めた取り組みとなるため、

              持続化補助金の採択率が上がる。

              おそらく九州の被災地では、持続化補助金はほぼ100%採択される。

               

              そうなると、相対的に、他の地域の採択率は下がることになる。

              これも致し方ないが、できるだけ多くの申請が採択されるよう、

              経営指導員は、残業や休日返上で、申請書のブラッシュアップに取り組んでいる。

              いい結果がでることを願いたい。

              | shwusr | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              入道雲
              0

                 

                7月も最終週に入った。あと2日で8月だ。

                昨日29日に、気象庁は「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表した。

                突然の台風の上陸で、梅雨明けが延びた感じだが、

                平年より8日、去年と比べると1カ月も遅い梅雨明けとなった。

                 

                梅雨が明けると入道雲の季節だ。

                入道雲は積乱雲の俗称で、一般的には、熱せられた温かい空気が上昇気流となって立ち上り、

                時には雷を伴って雷雨を降らせる。

                このため雷雲とも呼ばれる。

                盆地の周囲に湧き上がる入道雲は、真夏の風物詩のひとつだ。

                群れ集まった入道雲は巨大な雲の塊となり、10匯擁にも及ぶことがある。

                縦方向に1万mに発達した入道雲は、成層圏にも到達するという。

                 

                入道雲の「入道」とは、タコ入道のことらしい。

                タコが坊主頭で、入道、つまり坊主に似ていることからそう呼ばれたという。

                もしそうなら、なじみ深い「入道雲」の呼び名も少し考えた方がいいかもしれない。

                 

                10匯擁にまで大きくなった入道雲には、

                ドラム缶1000本分もの水が貯えられるという。

                これが夕立となって大地に降り注ぎ、ときにはゲリラ豪雨と呼ばれるものもある。

                 

                よくテレビなどで報道されるアメリカの巨大な入道雲、いわゆるスーパーセルは、

                ときに竜巻を発生させ、甚大な被害を及ぼすこともある。

                 

                雷や竜巻など、あまりいいイメージのない入道雲だが、

                雷雨がもたらす夕立が、貯水ダムの水か枯れかかる空梅雨の年だと、

                まさに恵の雨となることもある。

                ゲリラ豪雨は迷惑千万だが、日中の暑さを和らげる程度の夕立なら、

                歓迎しないこともない。

                 

                入道雲が立ち上がり始めると、盆地には本格的な暑さが訪れる。

                熱中症にご注意を!

                | shwusr | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                印刷機
                0

                  前にもこのブログで印刷機のことを書いた。

                  今、コピー機の代替品として、印刷機を導入するところが増えているという。

                  コピー機は、本来複写の機能が最も重宝だが、

                  近年のコピー機は、複写の他に、パソコンのプリンター、FAX、スキャナなどの

                  多様な機能を備えている。

                   

                  当会もこれまでコピー機のこういった機能を便利に使ってきた。

                  しかし、コピー機には、カウンターが付いていて、

                  1枚何円というカウンター料金が発生する。

                  これが意外に高い。

                   

                  当会でも、会員増に伴って、会議の資料や会員向けのチラシなど、

                  1,000枚単位で印刷することが増えてきて、

                  これに伴ってコピー機のカウンター料も跳ね上がってきた。

                   

                  ところが、最近、コピー機のこうした多機能を全て備えた印刷機が出回り始めた。

                  印刷機というとまず気になるのがその音だ。

                  昔は輪転機と言い、読んで字の如く、輪転する音が結構大きい。

                  いきおい事務室ではなく、ドアで仕切られた別の部屋に設置しないと、

                  「うるさくて電話が聞こえない」という苦情の源だった。

                   

                  ところが、最近の印刷機は極めて静かだ。

                  その理由のひとつは、家庭用にも使うインクジェット式で、

                  瞬間的に紙にインクを吹き付ける式だから、音が気にならない。

                  しかもスピードはコピー機の2倍以上だ。

                  これに反してコストは半分以下に抑えられる。

                  ただ、解像度がコピー機より若干落ちる。

                  しかし、これもよく見比べて見ないとわからない程度だ。

                   

                  そこで商工会のような事務所への印刷機の導入が進んでいる。

                  これまで会員向けに1,000枚以上の印刷をするときは3台のプリンターがフル稼働だった。

                  それでもプリンターのスピードでは、一定時間はプリンターが占領されてしまう。

                  5日に導入した印刷機では、そのストレスがなく、しかもコストが抑えられる。

                  これで事務処理の効率も一気に上がる、はずだ。

                  期待しよう。

                  | shwusr | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  アンケート
                  0

                    今週の火曜日、9日の夜マネジメント委員会を開催した。

                    この委員会は、商工会のマネジメントを協議する委員会で、

                    メンバーは正副会長と内部組織である部会や委員会などの長。

                    商工会全体の目標である中長期目標の策定、評価と、

                    経営発達支援計画の策定、評価を行い、それぞれPlan Do Check Action

                    いわゆるPDCAを回していくための委員会だ。

                     

                    ことしは第3次中長期目標の策定と経営発達支援計画の再申請が重なる。

                    平成27年の最初の経営発達支援計画の申請の際、

                    中長期目標との連動を考え、最終年度が同じになるよう期間を調整して申請した。

                     

                    中長期目標は、組織、財政、事業を中心に、商工会全体の目標だが、

                    経営発達支援計画で、国が商工会などに求めたのは、小規模事業者の支援、

                    特に事業計画を策定して、小規模事業者がそれに基づく経営行っていくよう

                    商工会などが支援する計画だ。

                     

                    つまり、中長期目標の中の小規模事業者支援に特化したものが

                    経営発達支援計画という位置づけだ。

                     

                    両方の策定に当たって重要となるのが、会員や小規模事業者のニーズの把握だ。

                    そこで、今回のマネジメント委員会で、

                    原案を示してアンケートの設問内容や実施方法などについて議論した。

                     

                    前回のアンケートの際は、まだ経営発達支援計画は俎上に上っていなかった。

                    ところが今回は、経営発達支援計画に加えて、

                    事業継続計画(BCP)策定支援計画も作らなければならない。

                    何か、計画、計画でぐるぐる巻きにされているようだが、

                    小規模事業者の事業計画策定を商工会が支援するのだから、

                    その商工会が自ら計画づくりを行うのも当然と言えば当然か。

                     

                    しかし、国からガイドラインが示されて計画づくりを行うが、

                    申請すれば必ずしも認定されるとは限らない。

                    本県でも何回も申請し直した商工会がある。

                    あまり計画づくりにエネルギーを費やされると、

                    他の事業が疎かになりかねない。

                    それでも国に認定される計画を作らないと

                    当会もマネジメント委員会も面子が立たない。

                    | shwusr | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    降水量
                    0

                      先週は九州南部を中心に、激しい豪雨が続いた。

                      7月に入った途端、梅雨前線が突然災害級の豪雨をもたらし、牙をむいた感じだ。

                      降り出しからの雨量が1,000mmを超えたところがいくつもあった。

                      1,000mmといえば1mだ。

                      降水量の決して多くない本県では。ちょっと考えられない降水量だ。

                       

                      都道府県格付研究所というところがあって、各県のいろいろなデータを格付している。

                      2014年のデータだが、それによると、本県の年間降水量は1190mmとある。

                      全国では下から3番目だ。

                      つまり、熊本や鹿児島、宮崎などでは、山梨の年間降水量と同じくらいの雨が、

                      わずか一週間足らずで降ったことになる。

                       

                      因みに降水量の最も少ないのは長野で1,000mmに達していない。

                      このデータによると、ブービーが岡山で、次いで少ないのが山梨だ。

                       

                      岡山と山梨、長野は、奇しくも同じ葡萄や桃などの果実の産地で、

                      同じような果実の産地山形も38位と降水量は多くない。

                       

                      では、年間降水量の最も多いのはどこかというと四国の高知で、3,659mmとダントツだ。

                      第二位は鹿児島で2,834mm、第三位が宮崎の2,732mmと九州の県が続くが、

                      高知の降水量の多さが際立つ。

                      それであの四万十川の水量とゆったりとした流れがわかる気がする。

                       

                      それにしても堤防の決壊や河川の氾濫、土砂崩れや家屋への浸水など、

                      この集中豪雨の被害は大きい。

                       

                      テレビを見ていたら、熊本の益城町の映像が流れた。

                      3年前の熊本地震でも大きな被害を受け、

                      益城町商工会女性部が商工会館前で炊き出しをしている映像を覚えている方も多いだろう。

                      3年に一度の災害では、たまったものではない。

                       

                      こういうときに全国組織である商工会の善意が役に立つ。

                      しかし、それにしても少し災害が多すぎる。何とかならないものか。

                      | shwusr | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode