Page: 1/7   >>
梅雨明け
0

    気象庁は、関東甲信越の梅雨明けが

    7月19日頃と発表した。

     

    当初空梅雨と思われた予想を覆し、

    一時台風の影響もあって降水量は十分だと思われた。

    九州などは豪雨に見舞われ、

    多くの犠牲者を出す悲惨な被害に見舞われた。

    被災地は商工会地域も多く、お見舞い申し上げたい。

     

    ところが、甲信越地方は結局空梅雨だった気がする。

    正確には越、つまり新潟方面は豪雨にも見舞われて

    空梅雨にはあたらないかもしれないが、

    わが山梨は土が乾ききってしまっている。

     

    例年の気象庁の梅雨明け予想によると、

    平年は7月21日、つまり今日が梅雨明けの「平均日」だった。、

    ことしは幾分早い。

     

    梅雨明けの予想は、何日か前に「梅雨が明けていた」

    という結果を発表することが多い。

    それほど予想が難しいのだろう。

     

    うがった見方をすると、

    気象庁の梅雨明け予想を「何日ごろ」と事前に発表すると、

    それを待ち構えて様々な「経済活動」が動き出す。

    もし予想が大きくズレると、損害を被る業者も出てくる。

    本来、自己責任の世界だから、

    気象庁の「せい」にするのはお門違いだと思う反面、

    誰かの「せい」にしないと憂さが晴れない思いも

    わからないでもない。

     

    梅雨が明けると、入道雲が盆地の周りの山々からもくもくと湧き出し、

    いよいよ本格的な夏を迎える。

    夏になると夕立がある。

    空梅雨を夕立が埋め合わせてくれることを期待したい。

    | shwusr | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    祇園祭り
    0

      京都の八坂神社の祭礼「祇園祭」は1200年の歴史ある、

      京都ばかりではなく、日本を代表する祭りのひとつだ。

       

      そのハイライトが30以上の山鉾が練り歩く山鉾巡行だ。

      7月17日にこの巡行が行われ、

      全国どころか海外からも多くの観光客が訪れる。

       

      その賑わう京都に、山鉾巡行当日の17日、

      工業部会が先進地視察研修で訪れた。

       

      しかし、祇園祭りを視察に行ったわけではなく、

      血圧計などで有名なオムロンの本社を視察に行った。

       

      したがって、日程に祇園祭りの見学は一切なく、

      平成の大改修が行われ、

      珍しい木の足場で全面が覆われている清水寺の

      工事の現場も視察してきた。

       

      オムロンは、家庭用血圧計で世界トップのシェアを誇る。

      同社は、東京への本社移転を拒み、

      創業地の京都にこだわってきた。

       

      血圧計で馴染みの深い同社だが、

      実は産業用オートメーション機器に強みをもち、

      電子部品、車載電装部品、社会システムなどの

      幅広い事業を手掛けている。

       

      5月の理事会で視察研修のあり方について議論があった。

      観光地に行くと、どうしても視察より観光と思われがちだが、

      日本三大祭りのハイライトを横目で見ながらの研修は、

      なかなかできるものではない。

      | shwusr | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      追熟
      0

        昨日ある飲食店でトマトの輪切りが出た。

        まだ全体がピンク色で所々青さが残る

        ちょっと早めに収穫したものらしい。

         

        トマトは、我が家の家庭菜園でも作っているが、

        完熟して赤くなるとひび割れがしたり、

        管理がいい加減なので、虫が付いたりする。

         

        おそらくトマト農家は、まだ青さが残るうちに収穫し、

        市場を経て八百屋やスーパーの店頭に並ぶ頃に

        ちょうど赤みが全体に回るようなタイミングを

        計っているのだと思う。

         

        つまりトマトは追熟を見込んで収穫し、

        出荷されている。

         

        トマトに限らず、スモモやバナナなど日持ちのしない野菜や果物は、

        青いうちに収穫し、追熟して食べごろの色に変わる。

         

        職員も追熟が必要かもしれない。

        自身が「どんなに経験を積んでも、今はまだ青い。

        今のうちに熟す準備をして、『食べ頃』を目指す」

        という意識を持ち続ければ、「追熟」を期待できるような気がする。

         

        トマトの追熟が職員の成長の話につながるとは、

        少し強引過ぎたかもしれない。

         

         

        | shwusr | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ソサエティー・ガバナンス
        0

          極めて大雑把にいうと、今、県内の商工会は、

          合併による大規模化と

          地域の疲弊などによる零細化の二極分化と

          これに伴う課題が顕在化している。

           

          もちろん、分化に当てはまらない商工会もあるが、

          この両極が比較的多くの問題を抱えている。

           

          コーポレート・ガバナンスという言葉がある。

          日本語では企業統治と訳される。

          ネットのフリー百科事典ウキィペディアによると

          企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的にとらえ、

          長期的な企業価値の増大に向けた企業経営の仕組み。」

          と説明されている。

           

          「企業」を「商工会」に置き換えると、

          商工会に収益力は馴染まないが、

          コンプライアンスや支援の競争力強化は重要な課題だ。

           

          しかし、最も重要なのは、長期的な視点に立った

          「商工会価値の増大に向けた商工会運営の仕組み」づくりだ。

           

          まずは、客観的な現状分析によって

          二極分化も含めた課題を認識することから

          スタートしなければならない。

           

          そのうえで、商工会価値を上げていくにはどうしたらいいか。

          そのために商工会運営の仕組みをどう変えることができるのか。

           

          つまり、society governanceソサエティー・ガバナンス)

          を考える共通認識が必要なのかもしれない。

          | shwusr | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          忖度(そんたく)
          0

            最近の流行語のひとつに「忖度(そんたく)」がある。

            大辞林によると「他人の気持ちをおしはかること」とある。

            元来は日本人特有の控えめで謙虚な心から生まれたもののようだ。

            一時話題となった「傘かしげ」に代表される「「江戸しぐさ」のような

            他人やその気持ちに配慮することだろうか。

             

            しかし、忖度も度を過ぎると事件になる。

            本来、そんなことまで指示もお願いもしていないのに、

            勝手に「こう思っているに違いない」と推し量り、

            余計なことまで「おせっかい」に立ち入ると、

            全体のバランスが崩れる。

             

            もし、それが全くの善意から出たことであったとしても、

            勝手な思い込みで推し量ると、

            とんでもない結果を招くことになりかねない。

             

            人はそれぞれ価値観が違うが、

            違うなりの許容範囲はある。

             

            その範囲を超えると、

            忖度があらぬ方向にひとり歩きしかねない。

             

            そんな忖度をする人間は、

            コミュニケーション能力が欠如しているのか、

            単なる「おべっか使い」か、

            組織を「なめているか」

            のいずれかだろう。

            | shwusr | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            参加店募集中!!
            0

              一店逸品への参加店の募集が始まっている。

              今年は、参加店の中から、増床されて48,000峩瓩さ霏脾咤辰箸覆

              イオンモール甲府昭和でのフェアへの参加も募る予定。

              フェアは1月の予定で、増床後は、年間1,000万人といわれる

              イオンへの来店者を相手に自慢の逸品を売り込むチャンスとなる。

               

              一店逸品は、平成19年にスタート。ことしで11年目となる。

              38店で始まった参加店も、ここのところ130店を超えている。

              数年前から建築の共同受注事業「快適住居(スマイル)工房」も掲載し、

              町の様々な情報も記載して「しょうわ暮らしの便利帳」として

              カタログを発行している。

               

              一店逸品は、毎年参加店が増え続けているため。

              スタートを早くする工夫をしているが、

              なかなか思うような日程では編集が進まない。

               

              発行は10月の予定だが、

              参加店の逸品創出支援や逸品の写真撮影、

              PR文のまとめと校正など、編集作業の日程はことしもタイトだ。

               

              カタログもすっかり定着した感があるが、

              ことしは新たな試みにもチャレンジする予定。

              請うご期待!!

               

              申し込みはお早めに。

              | shwusr | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              田んぼ
              0

                会館南側の田んぼの稲が伸びた。

                30cmほどはあるだろうか。

                風に吹かれるとゆらゆらとたなびき、

                涼しげだ。

                 

                毎朝、シラサギが早出をしている。

                稲と稲の間を器用に歩き回り、

                エサをついばんでいる。

                 

                田んぼには、タニシやおたまじゃくしなど

                鳥の好物が多い。

                先日は、シラサギの近くでカラスがエサを探していた。

                 

                白と黒であまり縁起のいい眺めではなかったが、

                鳥たちのせいではない。

                 

                今の時期は、エアコンを入れるのは陽射しが強くなってからなので、

                朝は水のひかれた田んぼから心地よい風が入ってくる。

                サッシを網戸にしておくと、風の通る席は、

                エアコンいらずだ。

                 

                しばらくすると、生き残ったおたまじゃくしが孵り、

                日が暮れるとカエルの合唱がはじまる。

                そうなると、夏本番だ。

                | shwusr | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                Facebook
                0

                  当商工会のFacebookが先週スタートした。

                  スマートフォンで手軽に見られる反面、

                  ホームページのように複雑かつ大容量の情報はあまり得意ではない。

                   

                  それでもスマホ全盛時代には必須の情報提供ツールで、

                  スタート直後の反応はすこぶるいい。

                   

                  後は、情報の中身や更新の頻度が問題となるが、

                  これは、商工会自体の事業、活動のあり方や姿勢にも関係するので、

                  簡単に満足できる結果が得られるものでもない。

                   

                  しかし、とりあえず新しい一歩を踏み出したことで、

                  新たな展開の道が開けた。

                   

                  情報発信の媒体全体に言えることだが、

                  できるだけ淡々と、事実のみを伝えることを優先しないと、

                  「お手盛り」のような我田引水の情報や、

                  事実を自分の都合のいいように解釈した捻じ曲がった情報の提供になりかねない。

                   

                  商工会のFacebookが炎上することはまずないだろうが、

                  あまりに利己的な情報や、

                  古い情報のタレ流しだけは、

                  避けなければならないと思う。

                   

                  (昭和町商工会Facebookページ)
                  https://www.facebook.com/shokokai.showa/

                  | shwusr | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  小暑
                  0

                    二十四節気のひとつ小暑が過ぎた。

                    ことしはちょうど七夕と同じ7月7日で、

                    小暑とは、梅雨明けも近づき、

                    これから本格的に暑くなる頃という意味らしい。

                     

                    ちなみにとしの大暑は7月23日で、

                    梅雨が明け、夏空が広がって、

                    いよいよ本格的に暑くなる季節ということらしい。

                     

                    先週暑い日が続き、ことし初めて事務室のエアコンを入れたが、

                    2日ほどしたらまた気温が下がり、

                    事務所の玄関に貼ってあるクールビズの宣言に基づき、

                    窓を開けて天然の風で暑さをしのいだ。

                     

                    しかし、一度エアコンを使うと、

                    なかなかこの快適さから逃れるのは難しい。

                     

                    去年までは、事務室の温度計が32°にならないと

                    エアコンのスイッチを押さなかった。

                    通勤中の車の中も、帰宅してからの自宅でも

                    エアコンの効いたところで生活している職員にとって、

                    仕事中だけは暑いのを我慢しろというのも

                    酷な話かもしれない。

                     

                    もう少しすると、盆地特有の蒸し暑さがやってきて、

                    朝から30°超えの日々が続くことになる。

                    | shwusr | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    書とバングラデシュ
                    0

                      「書は体を表す」と言われるが、

                      先日、それで恥ずかしい思いをした。

                       

                      当会の役員に、県内でも有名なアマチュアカメラマンがいる。

                      その人の写真展が開かれたので見に行った。

                       

                      受付に記帳台があり、所属と氏名を記入しようとした。

                      ふと、自分の書くべき欄の上を見ると、

                      一段前の人が唸るような達筆で、一瞬書くのをためらった。

                      しかし、書かないことには写真を見ることはできないので、

                      意を決して名前を書いたが、そもそも悪筆の上に、

                      上の達筆に倣って、うまい字を書こうとした挙句、

                      自分で自分の書いた字を見ても、判読不能のような名前になった。

                      二条線で消してもう一度書こうとしたが、

                      思いとどまってあきらめた。

                      この字が自分を表していると思うと情けない。

                       

                      写真展はバングラデシュの町々や人々を撮った貴重な写真ばかりで、

                      市場らしい人の集まっている場所や子供たちが多かった。

                      その雰囲気は、日本の戦後の闇市が、

                      まさにこんな感じではなかったかと思わせるもので、

                      人が「食べる」ことに精一杯だった時代を彷彿とさせる。

                      抗菌やら衛生やらとは無縁の人々の

                      生きることに必死の眼差しがレンズに向けられていた。

                       

                      バングラデシュの人口は1億6千万人。日本とも関係が深い。

                      パキスタンから独立後、半世紀近く、日本は一貫して経済協力を行ってきた。

                      円借款は累計一兆円を超え、

                      貧困からの脱却や社会資本の整備、農業の近代化などを支援してきた。

                       

                      ここのところ7%台の経済成長を続けており、

                      新興経済国のひとつにも位置づけられている。

                      民族や宗教など難しい課題もあるようだが、

                      日本の貿易相手国として脚光を浴びる日も

                      そう遠くない。

                      | shwusr | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode